【Vol.3】SEASON2開催決定! プレイバック『PRODUCE 101 JAPAN』JO1デビューまでの軌跡 コンセプトバトルで大波乱

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
視聴者がデビューメンバーを投票で決める、韓国の音楽専門チャンネルMnetの人気サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版『PRODUCE 101 JAPAN』(通称:日本版プデュ、日プ)。応募者約6000人の中から書類・実技の選考を経て、練習生と呼ばれる合格者101人が選ばれました。歌やダンスなどの課題に挑み、容赦なく順位付けされる姿に多くの視聴者が熱狂。そして、先日『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の開催が発表されました(現在、エントリー受付中。応募はこちらから)。そこで、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ボーイズグループ・JO1を生み出した2019年開催『PRODUCE 101 JAPAN』を振り返りましょう。Vol.3では、熱い戦いだったコンセプトバトルをプレイバックします。

記事制作:オリコンNewS

#8 コンセプトバトル開催 運命に翻弄される練習生たち

豆原一成(C)LAPONE ENTERTAINMENT

豆原一成(C)LAPONE ENTERTAINMENT

#8では、新しいミッションであるコンセプトバトルに突入。練習生たちは、国民プロデューサーの投票により5曲の課題曲に振り分けられ、練習に挑みます。このバトルのために作られたオリジナル課題曲5曲の発表に、練習生たちは様々な反応を見せました。フューチャーポップジャンルのお洒落な雰囲気漂う『Black Out』に続き、ラップ中心の強烈なダンスヒップホップジャンルの『クンチキタ』。クリスマスを感じさせるハッピーなダンスナンバー『Happy Merry Christmas』では、その個性的な振り付けに沸き立ち、真似して踊りだす練習生も。くせになるメロディで軽やかな気分を呼び起こす『やんちゃBOY やんちゃGIRL』にも、「カワイイ!」と大盛り上がりでした。フューチャーベーススタイルで力強さを感じさせる『DOMINO』は、「かっこいい!」と魅了される練習生もいる一方で、「難しいな~、これは」と難度を案ずる姿も見られました。      

魅了される練習生たち…課題曲5曲の発表の模様

今回のコンセプトバトルでは、事前に行なわれた国民プロデューサーの投票により、練習生それぞれのイメージに合う課題曲が割り当てられました。練習生はA~Eの部屋に分かれて集まり、メンバー全員が揃ったところで課題曲の発表が行なわれます。

練習生のイメージに合う課題曲の割り当て&発表の模様

最初に部屋を移動した川西拓実(かわにし・たくみ)が入ったCの部屋には、川尻蓮(かわしり・れん)、鶴房汐恩(つるぼう・しおん)、豆原一成(まめはら・いっせい)ら、暫定1位~5位の練習生たちが集結。かつてAチームで一緒に練習したり、グループバトルでパフォーマンスしたりと、慣れ親しんだ仲間の入室に全力で喜ぶ姿が見られました。そして、課題曲は『DOMINO』との発表に沸き立ちます。川尻も「一番やりたいなと直感で思った曲に運良くなれたのでひたすら嬉しい」と、喜びを噛み締めていました。メインボーカルは河野純喜(こうの・じゅんき)と佐藤景瑚(さとう・けいご)に決定。2人とも、自分の歌唱力をアピールして7人に残りたいと強い意欲を見せました。

川尻蓮&川西拓実が全力で喜ぶ姿は1:48~2:30

『Black Out』では現在、OWV(オウブ)で活躍する本田康祐(ほんだ・こうすけ)と佐野文哉(さの・ふみや)で、サブボーカルのポジション争いをすることに。本田は「ここに来て一番ハードルが高い試合してるなって思っています」と話し、対する佐野も「負ける気はしない」と、お互いに熱い闘争心を見せました。

ポジション争いをする本田康祐&佐野文哉は2:49~3:23

コンセプトバトルの練習が進む一方、#8では第2回順位発表が行われました。その結果を受けて、別の課題曲チームに移動しなければならない練習生が出るチームもありました。

#9、#10 白熱のコンセプトバトル 予想外の順位連発で大波乱

鶴房汐恩(C)LAPONE ENTERTAINMENT

鶴房汐恩(C)LAPONE ENTERTAINMENT

第2回の順位発表を受けて『DOMINO』『クンチキタ』『やんちゃBOY やんちゃGIRL』の3チームがメンバーの人数調整を行なうことに。メンバー1人ずつが、チームに必要だと思う練習生を1位~7位まで記入し、残るメンバーを投票で決定します。すると、『DOMINO』では3人が他のチームへと移動しなければならない状況に。投票前の話し合いではそれぞれチームや曲に対する想いを伝え、自分の熱い気持ちをアピールしました。

「自分が残っても落ちる仲間がいる」複雑な心境の中行われる『DOMINO』練習の模様

投票の結果、圧倒的に実力のある川尻らが選ばれていき、7位には豆原が選出。そして、木全翔也(きまた・しょうや)、佐藤景瑚(さとう・けいご)、大平祥生(おおひら・しょうせい)の3人がチームを移動する結果に。豆原は、“自分が選ばれたことで安心した反面、それによって移動する3人が決まってしまうことに申し訳なさも感じ、複雑な心境だった”と話します。涙を流し、悔しさを見せながら部屋を後にした3人の姿に、残った7人は気の引き締まった様子でした。

緊張の瞬間…1人ずつ発表されていく『DOMINO』メンバー

木全、佐藤、大平の3人は、部屋を出た途端に泣き崩れ、悔しい気持ちを共有し、お互いを励まし合いながら『クンチキタ』の部屋へ移動。『クンチキタ』の練習生たちは、そんな3人のなかから真剣に2人を選びます。1人目に選ばれたのは、「歌もできるしダンスもできる」という理由で佐藤となりました。2人目に選ばれた木全は、うれしさを噛み締めると同時に、選ばれない苦しみを2度も味わった大平を気にかけていました。

部屋を出て…泣き崩れる3人は5:27~6:00

『DOMINO』に続き、『クンチキタ』でも選ばれなかった大平は意気消沈。それでも気力を振り絞って『やんちゃBOY やんちゃGIRL』の部屋に向かいます。すると、待っていた練習生たちは「いらっしゃ~い!」と明るく歓迎。大平は安心したような笑顔を見せつつ、メンバーの温かさに三度、涙が頬をつたいました。

大平祥生を明るく迎える練習生たち

各チームのメンバーがそろったところで、ポジション決めが行われます。『Black Out』では、番組開始前から交友がある本田と佐野がサブボーカル2の座をかけて競っていました。本田は最後のキメポーズに強いこだわりを持ち練習を重ねてきたと言い、対する佐野も「ここは本田くんと取り合うしかない」と譲れない決意を見せました。

佐野文哉(C)LAPONE ENTERTAINMENT

佐野文哉(C)LAPONE ENTERTAINMENT

メンバーたちは2人のパートを見て判断することに。その結果、本田がこだわっていた最後のポーズは魅力的だったと評価されつつも、歌とダンス両方をこなせる佐野が選ばれます。結果を聞いた2人は、複雑な表情を見せながら抱き合いました。悔しさを拭いきれない本田はその後も気持ちを切り替えられず、チームの雰囲気を悪くしてしまっていることを自覚しつつも、悔し涙が止まりませんでした。

悔しさを拭いきれないまま練習をする本田康祐

パート争奪戦でライバルの佐野に敗れた本田は、悔しさから立ち直ることができません。そんな状態のなかで迎えたトレーナーチェック。以前から「表現力が足りない」と言われていた佐野が「良くなっている」と褒められた一方で、本田は、本来の実力を出しきっておらず体調が悪いように見えると指摘されてしまいます。しかし本田は、その場でトレーナーに自分の考えをしっかり話せたことで気持ちが整理できたようで、ダンスを楽しむ気持ちを思い出して完全回復。チームも徐々に活気を取り戻していきました。

「1番大事なものはダンスを楽しむ気持ち」完全回復した本田康祐は4:07~5:07

本番では、キレのあるダンスと力強い歌声、そしてクールなラップで、セクシー全開のパフォーマンスを披露。メンバーたちの溢れ出る色気で、会場は大熱狂に包まれました。

『Black Out』パフォーマンスの模様

『DOMINO』から大平をあたたかく受け入れた『やんちゃBOY やんちゃGIRL』チーム。再編成の夜から、大平は「早く追いつきたい」という思いで1人練習部屋に残り、自主練に励みます。士気が下がってもおかしくないはずの大平が必死で努力する姿に、チームメンバーのやる気も上がっていきます。

大平祥生(C)LAPONE ENTERTAINMENT

大平祥生(C)LAPONE ENTERTAINMENT

そして迎えた本番当日、曲中の振り付けで使用する手紙を書いていたメンバー。手紙は応援してくれる国民プロデューサーに向けたものでした。これまで一緒に頑張ってきた仲間たちへの想いやファンへの感謝など、それぞれの想いが詰まった可愛らしいステージが完成します。

『やんちゃBOY やんちゃGIRL』パフォーマンスの模様

デビュー射程圏内である11位以内のメンバーが集結した『DOMINO』チーム。メインボーカルを務めた河野は、異動や落選で同曲をパフォーマンスできなかった練習生や選んでくれた国民プロデューサーの気持ちに触れ、「噛みしめて役割を果たしたい」と話します。また、川西は歌詞に「運命に身を委ねる」という言葉があることから、自身の境遇を重ねつつ「どう表現するか考えて練習しました」と振り返りました。

河野純喜(中央)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

河野純喜(中央)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

ステージでは、現時点のトップメンバーらしく他の追随を許さない圧倒的なダンスで魅せ、歌声と共に不安とトキメキを見事に表現。それぞれの見せ場を作った完璧な構成で、国民プロデューサーのハートをキャッチしました。川尻は「今のパフォーマンスを見て何かを感じてくれたらうれしいです。あと……人生で初めてカラコンしました」と明かし、トークでも湧かせました。

『DOMINO』パフォーマンスの模様

韓国語で太鼓を叩く擬音語「クンチキタ」が楽曲名の由来の『クンチキタ』チーム。楽曲は、独特なリズムで聴く人を唸らすナンバー。パフォーマンスも情熱と気合いを感じるもので、練習生の「1位を獲る」という気持ちが前面に出ていました。

佐藤景瑚(C)LAPONE ENTERTAINMENT

佐藤景瑚(C)LAPONE ENTERTAINMENT

同チームには『DOMINO』から異動になった木全と佐藤が所属。準備期間が3日ほどしかなかったという木全は「やるしかないなと。(オリジナルメンバーが)夜遅くまで付き合ってくれました」と話し、チームに感謝しました。

『クンチキタ』パフォーマンスの模様

『Happy Merry Christmas』はクリスマスに聴きたいハッピーなダンスナンバー。メインボーカルの浦野は「一番のプレッシャーですが、誇りを持って不安な気持ちを捨てる」とコメント。最後に「楽しい気持ちで帰っていただけるとうれしいです」と語りかけました。

白岩瑠姫(左)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

白岩瑠姫(左)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

ステージではキャッチーな振り付けが魅力の楽曲で会場をひとつにします。センター・サブボーカルを務めた白岩瑠姫(しろいわ・るき)を中心に、セクシーさとキュートさを絡めたストーリー性のある構成で見事に踊りきりました。

『Happy Merry Christmas』パフォーマンスの模様

国民プロデューサーの投票後、練習生が集められ、国民プロデューサー代表のナインティナインからグループ順位の結果発表が行なわれました。緊張した様子で再び会場に現れた練習生たちですが、その表情は一様にやりきった充実感でいっぱいです。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

ナインティナインの口から、5位は『やんちゃBOY やんちゃGIRL』であることが発表されました。リーダーの福地正(ふくち・しょう、現A.rik)は「1位を目指してやってきたので悔しいです」と吐露しつつ「(票をくれた国民プロデューサーに)感謝したいです」と語ります。

4位はトップバッターを務めた『Black Out』。そして、なんと上位メンバーが揃う『DOMINO』が3位と、早くも波乱の結果に!

『DOMINO』パフォーマンスの模様(C)LAPONE ENTERTAINMENT

『DOMINO』パフォーマンスの模様(C)LAPONE ENTERTAINMENT

2位は、本番前日までトレーナーに注意されていた『Happy Merry Christmas』チーム。パフォーマンス後、「僕はどの曲でも、誰とでも、どんな振り付けでも、常に目指しているのは1位」と語っていた白岩は、あと一歩で1位に届かず「悔しいです」と苦笑いで話しました。

『Happy Merry Christmas』パフォーマンスの模様(C)LAPONE ENTERTAINMENT

『Happy Merry Christmas』パフォーマンスの模様(C)LAPONE ENTERTAINMENT

1位に選ばれたのは『クンチキタ』でした。結果が発表されると、メンバーは抱き合って喜びを表現します。『DOMINO』から異動した佐藤は、号泣しながら「みんなに感謝しきれない。頑張ってよかった」とコメント。同じく異動組の木全が呆然としつつ「めちゃくちゃ嬉しいです」とつぶやくと、矢部浩之は「頑張った努力の結果だと思います」と優しく語りかけました。

コンセプトバトル1位『クンチキタ』チーム特典

結果発表後、『クンチキタ』チームは「頑張り続けて良かった」「夜遅くまでやって良かったー!」と抱き合って大盛り上がり。そして、最終的には、グループの垣根を越えて練習生同士が健闘を讃え合い、熱いコンセプトバトルは幕を閉じました。

#11 デビューは目前 運命の第3回順位発表

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

デビューに近づく20人が選出される第3回順位発表ということで、ピリピリムードが漂うかと思いきや、スタジオに入るや否やいつもの爽やかな笑顔を見せてくれる練習生たち。それでも、ナインティナインがスタジオに入ると、空気は一変。緊張感が一気に高まります。今回の順位は、これまでの国民投票が11ピック(11人を選んで投票)だったのに対し、2ピック(2人を選んで投票)に変更。そのためか、順位に大幅な変動が起きました。

思わず爆笑する姿も!爽やかな笑顔でスタジオ入りする練習生たち

練習生の兄貴分である本田は18位にランクイン。「練習生みんなそうだと思うんですけど」と前置きした上で、「自分の中だけで追っていた夢が、いつの間にかファンの皆様と叶えたい夢に変わっていきました」と、国民プロデューサーを身近な存在に感じてきたことを明かしました。

本田康祐(中央)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

本田康祐(中央)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

15位にランクインしたのは佐藤です。1ランク順位を上げたものの「まだ1回もデビュー圏内に入っていなくて正直すごく不安です」と胸中を告白。デビューして、投票してくれた国民プロデューサーを幸せにしたいと言い、「僕をトップに連れて行ってください」と語りかけました。

佐藤景瑚(中央)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

佐藤景瑚(中央)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

13位の河野は、本番前に父親から電話があり「信じて頑張れ」と声をかけてもらったと告白。そのほか、家族、友人、たくさんの人からメッセージをもらい、支えられていることを実感したと言います。続けて、応援してくれる人たちに対して「幸せになってほしいので、最後に最高のステージを見せて絶対にデビューします」と力強く宣言しました。

河野純喜(C)LAPONE ENTERTAINMENT

河野純喜(C)LAPONE ENTERTAINMENT

前回のコンセプトバトルで優勝候補の『DOMINO』チームや『クンチキタ』チームから漏れてしまった大平でしたが、順位を落とさずデビュー圏内の11位にランクイン。移籍した『やんちゃBOY やんちゃGIRL』がコンセプトバトルで最下位になってしまったことが悔しかったと回顧します。しかし、その悔しさがあったからこそデビューへの想いが強くなったとコメントしました。『やんちゃBOY やんちゃGIRL』に加入した当時、メンバーが暖かく迎えてくれたから頑張れたと涙を見せつつもし他のメンバーがランクインできなくても、彼らの気持ちを背負って「最終回、センターになってみせます」と語りかけました。

大平祥生(C)LAPONE ENTERTAINMENT

大平祥生(C)LAPONE ENTERTAINMENT

木全も大平と同じく『DOMINO』チームから外れ『クンチキタ』チームに移籍した1人。逆境をバネに練習に明け暮れた姿が国民プロデューサーの目に留まり、4ランクアップで10位にランクインしました。着実に順位を上げている木全は、番組スタート時には、ファイナルまで残ることができるとは思っていなかったと告白。デビュー圏内に入ったことが喜びであり「いっぱい応援してくれている人がいると思うと、自信になりました」と胸いっぱいの様子を明かしました。

木全翔也(左)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

木全翔也(左)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

前回1位だった川西は6位に後退。「いっぱい伝えたいことがある」と言い「すべてを捨ててここに来たし、デビューする気持ちでこのオーディションに挑戦しました」と述べます。涙を流しつつ、家族、練習生、国民プロデューサーがいてくれることで心強く「今頑張れているのも支えてくれているから」だと感謝を伝え、最後に「僕を信じてついて来てください。順位を落としてごめんなさい。ラストのステージで1位の似合う男になってみせます」と語りかけました。

川西拓実(C)LAPONE ENTERTAINMENT

川西拓実(C)LAPONE ENTERTAINMENT

端正なルックスとセクシーな魅力でセンターを務め、13位から4位に急上昇した白岩。これまでさまざまな経験をした中で、たくさんの思い出があったと述懐。それでも叶えられていない夢もあり、その夢を叶えて自分の周りの人に恩返ししたいと思っているとコメントします。「デビューしたいです。最後まで頑張るので、見届けてくれたらうれしいです」と伝え「もっと上に上がれるように、ファイナルも頑張りたい」と意気込みを口にしました。

白岩瑠姫(右)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

白岩瑠姫(右)(C)LAPONE ENTERTAINMENT

クールさとやんちゃさを併せ持つ鶴房が、見事3位をキープ。彼も国民プロデューサーの応援に対して「順位が下がらずいられるのは、家族や練習生、一番に応援してくださっている国民プロデューサーのおかげ」と感謝を述べます。番組スタート時に1位の席に座るパフォーマンスをみせたことを回顧しつつ「ファイナルでも1位でデビューできるように頑張ります」と静かな闘志を燃やしました。

鶴房汐恩(C)LAPONE ENTERTAINMENT

鶴房汐恩(C)LAPONE ENTERTAINMENT

番組開始直後、放送を見た国民プロデューサーから絶賛の声が挙がっていた豆原が、一度もデビュー圏内から落ちることなく2位を獲得。2位は悔しいとしつつも「ファイナルのステージに立てることがうれしい」と喜びを爆発させます。しかし、いつも支えてもらった練習生が残留組にいないと述べ「一人で何もできなかった僕にみんなが声をかけてくれた。すごく悔しいんですけど、脱落してしまった練習生の分まで頑張ろうと思います」と、友を思い涙を流しました。

涙を流しながら思いを語る豆原一成は3:40~5:07

『PRODUCE 101 JAPAN』のテーマ曲『ツカメ ~It’s Coming~』でセンターを務めた川尻が、勢いそのままに今回も1位にランクイン。番組も終盤になり上位20人だけが最後の評価に進めることから、メンバーの覚悟は「すごいものがある」と話します。脱落してしまうメンバーについても「悔しさも相当なものだと思います」とコメント。「みんなの気持ちも背負って、最後のステージを全力で取り組みたい」と感情を露わにしました。

「みんなの気持ちも背負って」決意を語る川尻蓮は2:36~3:38

ファイナルに進出した20人が次に挑むのは「デビュー評価」。この後発表される課題曲を約2週間で仕上げ、国民プロデューサーの前で披露するというミッションです。しかも、披露するのは全国ネットの生放送とあり、練習生のモチベーションは高まる一方。会場で評価を下す国民プロデューサーの数は約1500人であることが発表されると、岡村隆史は「目の前には1500人ですけど、カメラの向こうにはものすごい数の人が見ている。こんな言い方するのは……」と前置きしつつ、デビュー前では異例だと言い「すごいチャンスだと思ってください」と練習生の士気を高めました。

ファイナルに進むのは…“最後の1席”20位発表の瞬間

果たしてデビュー評価では、どんなパフォーマンスが披露されるのか。#12では、いよいよ、デビューするメンバーが決まります。

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』応募概要

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』

応募資格は、今年12月6日時点で、義務教育を終了している満15歳以上から27歳以下の男性で、日本在住、応募時点で他のプロダクションに所属、契約していない人。オーディション合格後の来年2月から6月ごろに行われるトレーニング合宿に参加可能な人となっている。応募期間は、12月6日まで。応募フォームからエントリーできる。

 

■関連記事■

 

 

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS