UVERworldの“歌詞に共感できる曲”5選 Crewから感謝のメッセージ殺到「何度も救われた」「毎日が輝いている」

UVERworld

6人組バンドのUVERworldが、6月6日に結成20周年を迎えます。これまでにリリースしたシングルは36枚、アルバム10枚。今ではドーム公演でもチケットが入手困難というほど、絶大な人気を誇っています。ボーカルのTAKUYA∞さんがつづる歌詞は、本音を隠すことなく、思いの丈を赤裸々に吐露しています。そんなメッセージ性の強い歌詞に多くのCrew(ファンの呼称)が共感し、自らを奮い立たせています。
今回は数ある楽曲の中から、「歌詞に共感できる曲」をアンケート。票数の多かった5曲を、Crewから寄せられたコメントとともにランキング形式でご紹介します。

※ORICON NEWS公式Twitterアカウントで実施 投票総数:319(5月28日午後5時時点)

記事制作:オリコンNewS

5位【OXYMORON】(10票)

UVERworld『UNSER(通常版)』、SMR、2019年

UVERworld『UNSER(通常版)』、SMR、2019年

●10th Album『UNSER』(2019年12月発売)収録

タイトルのOXYMORONとは「撞着(どうちゃく)語法」という修辞技法で、意味が矛盾する言葉を意図的に結びつける表現方法です。そんな表現が詰まった歌詞に心を打たれたCrewからコメントが寄せられました。

[最後に残るのは 集めてきたものじゃなく 与えてきたもの 自分以外のために]
[矛盾してて良いんだよ 生きてる間に生まれ変われ 迷わないことが 恐れないことが 間違わないことが強さではない]

「とても共感しました……。辛い時もこの歌詞を信じて諦めずに頑張れました」「心と行動の矛盾や人々の矛盾が描かれていて、それと出会いながら成長していくことの大切さを感じました」と歌詞に感銘を受けたという声。また「『矛盾してて良いんだよ』 そんな温かく優しいこの曲は、いつも私を包み込んでくれる大好きな曲です」と、楽曲に励まされているという方もいました。

4位【Fight For Liberty】(16票)

UVERworld『Fight For Liberty / Wizard CLUB(通常版)』、SMR、2013年

UVERworld『Fight For Liberty / Wizard CLUB(通常版)』、SMR、2013年

●24th Single(2013年8月発売)
●MBS・TBS系アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』オープニングテーマ曲

       

MBS・TBS系アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』(2013)オープニングテーマ曲として書き下ろされました。誰もが知っているアニメのテーマ曲とあり、TAKUYA∞さんは制作のプレッシャーもあったそうですが、“自分たちらしさ”を出すことに専念し、この楽曲が生まれたそうです。

[人生が2度あるなら こんな険しい道は選ばないだろう でもこの1回たった1回しかチャンスが無いのなら 何もかも諦めて生きていくつもりは無い 後ろに明日は無い 力を宿せWAR]

Crewからは「その1つ1つを諦めないで頑張ろうという気持ちになる、背中を押してくれる曲です」「私を勇気づけてくれる曲であり大切な曲です!!」と、力強く訴える歌詞に共感したというメッセージが多数届きました。「この曲を聴いてからはさらに人生にやる気が満ちあふれ、本当に本当に毎日が輝いています。出会いに感謝します。熱いライブが迎えられる日を待ち望んでいます」といった“胸アツ”な声も上がっています。

3位【PRAYING RUN】(19票)

UVERworld『I LOVE THE WORLD(初回生産限定盤)』、SMR、2015年

UVERworld『I LOVE THE WORLD(初回生産限定盤)』、SMR、2015年

●28th Single『I LOVE THE WORLD』(2015年8月発売)収録
●AbemaTV『ラスト亀田興毅~最後の現役復帰~』テーマ曲

Crewの間では有名な話ですが、TAKUYA∞さんは10キロのランニングを日課としています。この曲は、イントロなどに呼吸音や走っている時の音が流れています。実はこれ、スタジオの中にマイクを立てて、TAKUYA∞さんがその周りを走って録音したそうです。常に新しい試みに挑戦する姿勢がUVERworldらしいですね。

[努力をせずに夢が叶った人と 努力をしても叶わなかった人 たとえ僕は叶わない人だとしても この足を止めはしないだろう]
[いつか誰もが驚くような奇跡が この身に起きたとしても きっと僕だけは驚きはしないだろう 起こるべき奇跡が起きただけさ]

運動や勉強など、自身の体験からこの歌詞に共感したCrewからコメントが寄せられました。周囲から無理だと言われても努力や工夫を重ね、実際に「起こるべき奇跡を起こした」といったエピソードも。「いつも励まされ恐怖心に囚われる自分を打破するきっかけになった」「熱い言葉や背中を押してくれる曲もたくさん大好きですが、本当の意味で寄り添ってくれたこの曲はとても大切な曲です」と、楽曲からエネルギーをもらっているようです。

2位【在るべき形】(21票)

UVERworld『Ø CHOIR(通常盤)』、SMR、2014年

UVERworld『Ø CHOIR(通常盤)』、SMR、2014年

●8th Album『Φ CHOIR』(2014年7月発売)収録
●映画『MARCHING-明日へ-』エンディングテーマ曲

映画『MARCHING-明日へ-』エンディングテーマ曲に起用された本作。主演のひとりである桜田通さんはバンドの大ファンで、桜田さん自ら親交のあるメンバーに“熱烈”オファーして制作されたそうです。

[誰が僕のこの未来に 絶望していたとしても 自分自身が終わってないかどうかだろう 在るべき形へ]
[他の誰かの正解は 君の答えじゃない それぞれの複雑な数式の答えは きっともう君も出てるんだろう]

自らに問いかけているような歌詞は、ストレートに心に響きますね。「諦めそうになった時何度もこの歌詞に救われました」「初めて聞いた時はどうしても涙が出て止まりませんでした」「治療など辛いときも立ち向かえる、そんな支えになる一番好きな曲です」と多くのCrewを奮い立たせているようです。「自分のやりたいこと、その在るべき形に迷わず進めと背中を押してもらえる曲です」と、UVERworldの曲が心の支えになっているという声も。

1位【一滴の影響】(36票)

UVERworld『一滴の影響(通常盤)』SMR、2017年

UVERworld『一滴の影響(通常盤)』SMR、2017年

●30th Single(2017年2月発売)
●MBS・TBS系アニメ『青の祓魔師 京都不浄王篇』オープニングテーマ曲

この楽曲は、バンドの地元・滋賀県で行われている野外フェス『イナズマロック フェス 2016』が開催されるも、悪天候による中止で出演できなかった経験から、ライブを楽しみにしていたファンたちのことを思って作られました。やり場のない気持ちを歌詞にぶつけています。

[一番いけないことはさ 自分はダメだと思うこと 誰のせいでもないことを 自分のせいにしないで 立ち止まらないで]
[ずるい奴が笑う世界 そう言いながら物事が ゆっくりでも良い方に進むと信じ 今日も正しく生きようとする君は素敵だよ そんな自分を君も愛してあげてよ]

自身がつらいときに歌詞に救ってもらったというCrewからは「この曲聞きながら泣いた事が何回かあります その時に勇気をもらいました」「どんな事があっても正しく生きたい、UVERworldの曲で私は少し大人になれたと思いました」と、この楽曲を通じて前を向くことができたというメッセージが届きました。

また、正しく、自分らしく生きることを肯定する歌詞に、多くのCrewの心が揺さぶられました。「自分に自信が持てていない時に優しく『大丈夫だよ』と言われているような感覚になり、とても励まされます。とにかく大好きな曲なんです!!!!」「UVERworldと出会っていなければ、ここまで強く生きれなかったかも知れません。この一滴の影響という曲が、また誰かの支えになればいいなと思います」と、思いの丈を語るコメントも。

 

アンケートでは、Crewの方々から本当にアツいメッセージが多数寄せられました。全て掲載できないことが残念なほどです。また今回は、さまざまな楽曲に票が割れました。それだけUVERworldの楽曲は、心に響く作品が多いということですね。新型コロナウイルスにより暗いムードが漂っていますが、UVERworldの楽曲を聴いて、前を向いていきましょう!

 

■関連記事■

 

 

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS