ふくれな “劇的変身”目元メイクの神アイテム5つ コンプレックスを諦めなかった先に見えた景色


ふくれな

2015年にデビューして以来、10代、20代を中心に絶大な人気を誇る美容系YouTuber・ふくれなさん。カップルYouTuberとしても活躍する彼女が、自身の顔に対するコンプレックスや学生時代のこと、彼氏・M君との出会いなどを赤裸々につづった初の書籍『ドブ女の逆襲』を出版しました。どのようにコンプレックスを克服し、どんなアイテムやメイク術で外見も内面も変わることができたのか、今まさにコンプレックスに悩んでいる女子へのメッセージも込めながら自身について語ってくれました。

撮影:友野雄(YU TOMONO)取材・文:奥村百恵
記事制作:オリコンNewS

卑屈だった中学生時代……カラコンで一変した世界

ふくれな

――メイクに目覚める前のふくれなさんは、どんな日常を送ってらっしゃったのでしょうか?

中学1、2年ぐらいの頃はメイクで自分が変われると思ってなかったので、かわいい女の子が人生をエンジョイしている姿を見て“かわいくないとあんな風に生きられないのかな”と卑屈になっていました。当時はまだYouTubeが流行ってなくて、メイクを教えてくれる人も周りにいなかったんです。だから雑誌を見てかわいいタレントさんやモデルさんをひたすら羨ましがっている日々でした。

ふくれな

――人からかけられた言葉が、ご自身のコンプレックスになってしまったこともありますか?

ありますね。裸眼が小さかったり、三白眼というのもあると思うんですけど、笑っていても“怒ってる?”と言われたり、普通にしていても“寝てる?”と聞かれたりして地味に傷ついていました。言ってる方はたぶん悪気はないと思うんです。でもやっぱり思春期に“人相悪いね”とか“目つきコワっ!”とか言われたらたとえ冗談でも傷つきますし、つらいですよね。そういう言葉が自然とコンプレックスに繋がっていきました。

ふくれな

――その後、カラコンとの出会いがふくれなさんの人生を大きく変えることになります。どんなきっかけでカラコンをつけることになったのでしょうか?

ハロウィンの時期に友達とUSJに行くことになり、ホラー系とかわいい系の半顔メイクをしてみようと思ってカラコンをつけたのがきっかけでした。もともと目が悪くてクリアタイプのコンタクトを使っていたんですけど、そのとき初めてカラコンをつけてみたら三白眼なのが全く気にならなくなって衝撃だったんです。“こんなに違うんだ!”と感動したのを覚えています。

ふくれなさんのカラコンつけ比べ

――カラコンをつけたことでメンタル面での変化はありましたか?

目のことでいじられることも多くて学校に行くのが憂鬱だったんですけど、カラコンのおかげでその憂鬱感がちょっと軽減されました。全日制の高校はメイクがOKだったのでバッチリお化粧をして通っていたんですけど、カラコンと出会ってからはメイクをしなくても行けるようになりました。なので、私にとって三白眼ということが一番のコンプレックスだったんだなと、その時に改めて気づかされましたね。

ふくれな

――カラコンは普通のコンタクトと比べてつけている時に違和感があったりしませんか?

眼球の形に合わないものをつけると、まつげが目に入ったようなゴロゴロした違和感があるんですけど、眼科を受診すると自分に合ったコンタクトがわかりますし、いろいろと試していくうちに自分の目の形にピッタリのものが見つかって違和感がなくなるんです。少し目の乾燥は気になりますけど、カラコンデビューすると人生変わりますよ!

目元に魔法をかけてくれる 愛用の神コスメ5つ

ふくれな

――ふくれなさんのコンプレックスを解消してくれた美容グッズ&コスメから、おすすめのアイテムを5つ教えて頂けますか。

カラコン、マスカラ、アイライナー、アイプチ、涙袋の影を書くアイライナーの5つが最強です!

ふくれな

――5アイテム、ふくれなさんが愛用している商品名もそれぞれ教えて頂けますか。

昔は益若つばささんプロデュースのバンビシリーズの目が大きく見えるカラコンを使っていたんですけど、今はナチュラル系のFLANMY(フランミー)のものを使っています。マスカラは下地と一緒にマジョリカマジョルカのラッシュエキスパンダー ロングロングロング、アイライナーはラブ・ライナー

そしてアイプチはABのオートマティックビューティ ダブルアイリキッドを使っていて、夜寝る時に塗ると二重のくせが自然について凄く良いです。涙袋の影はKATE(ケイト)のダブルラインエキスパート LB-1を使っています。

                                                                  

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ふくれな(@fukurena)がシェアした投稿 -

――ちなみに涙袋の影を書くとどんな効果があるのでしょうか?

私は面長なので、涙袋の影を書くと目の位置が下に下がって小顔に見える効果があるんです。涙袋メイクが流行った当時はアイブロウパウダーで影を書くのが主流だったんですけど、アイライナーの極細タイプで試しに書いてみたら私にはそっちのほうがしっくりきたので、それ以来ずっとKATEのダブルラインエキスパートを使っています。

ふくれな

――涙袋を入れるポイントは?

目の下の隈をコンシーラーでしっかりカバーして、そのあと涙袋の影を濃いめに書くと自然に見せることができます。最初は難しいかもしれないので、メイク動画を見て練習するのが良いと思います。あと、夜お風呂に入る前にチャレンジすれば何度失敗しても書き直せるのでオススメです。

おすすめコスメでフルメイクするふくれなさん 涙袋の入れ方も紹介

――カラコンの話に戻りますが、初めてカラコンをつけたふくれなさんを見て周りの方達はどのような反応でしたか?

カラコン以外はメイクを変えてないのに“メイクをバッチリするようになったね”と言われました。瞳の大きさや色が変わっただけなのに、かなり印象が違ったんでしょうね。でも、そういう反応があればあるほどカラコンを取るのが怖くなってしまって、すっぴんを見せるのが恐怖になりました。

ふくれな

――すっぴんを晒すのは嫌だと思っていたふくれなさんですが、M君のアドバイスでYouTubeで公開されましたよね。公開する前と後の心境の変化をお聞かせ頂けますか。

すっぴんを公開する前は、面白い動画をアップしたくても、ついかわい子ぶってしまう自分がいたんです。本当はもっとしゃべりまくって面白いこともしてみたい……でも顔がかわいくないといけないという狭間で揺れてなかなか決心できなくて。そんな時にM君がすっぴんを出すことについてアドバイスをくれて、それなら変わってやろうと思い切ってやってみたら、偽りじゃない自分を見せられたことで心が楽になったんです。きっと“かわい子ぶってる自分”も知らないうちにコンプレックスになっていたんでしょうね。

                                                                  

すっぴんを公開したふくれなさん

――すっぴんを公開したことで開放感を感じましたか?

感じました。すっぴんでコンビニに行けるようになりましたし(笑)、前より自分のすっぴんが嫌いじゃなくなりました。

「鏡を見て諦めるのはもったいない」“変化”を楽しむメイクの醍醐味

ふくれな

――では、もしも魔法が使えて理想の顔になれるとしたら、美容グッズやコスメは使わないですか?

たとえ理想の顔になれたとしてもメイクは絶対にします。というのも、女優さんやタレントさんはかわいいけど、メイクが薄い人が多くてあまり惹かれないんです。私はメイクにこだわりがある人が好きなので、どんなに自分のすっぴんがかわいくなったとしても美容グッズやコスメは使いたいです。コスメの質感や色味を試したり、メイクの記事を読んでその商品を買おうか悩んだり、とにかくメイクのことを考えるだけでウキウキするし幸せな気分になれるので、それはこれから先ずっと変わらないと思います。

ふくれな

――ふくれなさんにとって“美容グッズ”とは?

美容グッズは私の“味方”です。心も変えてくれましたし、人生が楽しくなりました。私にとって美容グッズは凄く大事なものです。

                                                                  

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ふくれな(@fukurena)がシェアした投稿 -

ガーリーメイクでMくんとデートするふくれなさん

――推しのライブや大好きな人とのデートなど、特別な日にはどんなメイクがオススメですか?

女の子らしい、かわいいメイクがいいと思います。ピンクのプルップルのリップをつけたり、まつげをビューラーとマスカラでめっちゃあげたり。チークもベビーピンクにして赤ちゃんみたいにピュアでキュートな雰囲気にすると素敵なんじゃないかなと。最近は地雷メイクや量産型メイクといった盛れるメイクが流行っていますけど、それって女の子視点ではめちゃめちゃかわいいけど、男の子視点だと濃いメイクと思われてしまうんですよね。だからナチュラル系でアピールするのが良いと思います。

ふくれな

――最近は新型コロナウイルスの影響でマスクをして外出することが多いと思いますが、マスクをした時のメイクのアドバイスはありますか?

肌荒れって目立つというか、一番気になるので、肌荒れしないように鼻から下はファンデーションを塗らずにちょっとお粉だけ塗って、メイクも鼻から上だけにすると肌は荒れないです。マスクつけっぱなしなら何もしないほうがいいです。蒸れるし。いまは肌を綺麗にする時期だと思って、目や眉毛に気合いを入れれば。

――最後に、いまコンプレックスで悩んでいる女の子たちにふくれなさんからメッセージをお願いできますか。

いつもと変わらないメイクをして鏡を見て諦めてしまうのはもったいないので、カラコンをしてみたり、普段使わない色味やアイテムにどんどん挑戦して変化を楽しんでほしいです。新しい自分に出会ってコンプレックスを克服できたら精神も安定するし、性格が変わったり彼氏ができたり、自信が持てるようになると思います。どんなメイクをしたら良いかわからないときは私の動画を見て真似してもいいですし、プチプラコスメなら冒険しやすいのでアイテムをたくさんそろえていろんなメイクを楽しんでほしいです。

 

スペシャル動画

 

プロフィール

ふくれな


ふくれな
10~20代女子に圧倒的に支持されている美容系YouTuber。大阪府出身。コンプレックスだった“すっぴんブス”を改善するために編み出した「詐欺盛りメイク」で有名に。カリスマ的カップルYouTuber「えむれな」としても活躍中。

 

書籍情報

『ドブ女の逆襲』(宝島社)

『ドブ女の逆襲』(宝島社)

『ドブ女の逆襲』(発売中/宝島社)
いろんな「可愛い」があっていい。二重じゃなくても。黒目が大きくなくても。そのままの素材を生かしながら、「メイクの魔法」で可愛くなれる――! “すっぴんドブス”が「詐欺盛りメイク」で超人気YouTuberになるまで――。

 

■関連記事■

 

 

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS