橋本祥平をつくった“5つの舞台” ミュージカル『薄桜鬼』、舞台『刀剣乱舞』……心も体も張り続けた7年間

橋本祥平

『ミュージカル封神演義』シリーズ・主演の太公望役や、舞台『幽☆遊☆白書』シリーズの飛影役、舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜・太鼓鐘貞宗役など2.5 次元舞台を中心に活躍する俳優・橋本祥平さん。2013年のデビューから人気俳優としてのポジションを築いた現在まで、橋本さんの俳優としてのアイデンティティを導いてきた舞台作品を5つ、本人に選んでもらい、7年間の歩みをたっぷりと語ってもらいました。

撮影:田中達晃(Pash) 取材・文:佐久間裕子
記事制作:オリコンNewS

【ミュージカル『薄桜鬼』 (2015年~)】俳優業を志した原点 掴んだ“憧れの役”は「うれしさよりも怖さ」

橋本祥平

――今回は「橋本祥平をつくった“5つの舞台”」ということで、ご自身で選んでいただいた5作品のお話をお聞かせください。まずは本格的に俳優を志すきっかけになったというミュージカル『薄桜鬼』シリーズからお願いします。

ミュージカル『薄桜鬼』〜藤堂平助 篇〜
脚本・演出・作詞:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦公演期間:2015年1月10日~1月12日(京都劇場)、1月17日~1月25日(六本木ブルーシアター)
ゲーム『薄桜鬼』を原作とし、殺陣×ダンス×歌が融合したミュージカル『薄桜鬼』の第6弾。“藤堂平助”を主演とし、幕末という激動の時代を生きた新選組と鬼達との戦いを描く。

学生の頃、漠然と今の業界に入りたいなとは思っていたのですが、方向性が全然見えていませんでした。そんな時に専門学校の先生から舞台のお手伝いのお話を聞いて、初演の「ミュージカル『薄桜鬼』斎藤 一 篇」の現場に行くことになりました。キャストの方へのプレゼントの整理やチケットのモギリをして、舞台も見せていただけたので、その時初めて舞台というものに触れたんです。

それまで僕はドラマや映画といった映像のお芝居しか見たことがなくて、生のお芝居とその空間に触れて「これは何だ!?」と思いました。ステージ上のみなさんはとにかくキラキラしていて、稲妻が走るような衝撃を受けました。それがきっかけで自分もあっち側に行きたいと強く思うようになり、強く一歩を踏み出すきっかけになった作品でした。

橋本祥平

橋本祥平

――その数年後、橋本さんご自身が斎藤一という役を掴んだときはどんな心境でしたか?

非常に怖かったですね。当時、毎朝iPodに入れた歌のCDを聴きながら通学するくらい好きで、ミュージカル『薄桜鬼』という作品のファンでしたから(笑)。僕が初めて見た舞台で憧れた先輩・松田凌さんの役を演じられるなんて、「うわ……大丈夫かな」って不安と恐怖が襲いかかってきました。それでも「ずっとあっち側に行きたかったんだろ?」と自分に問いかけて、「うん……そうだ」と改めて思って。夢を掴む瞬間というのは、うれしさよりも怖い方が大きいんだなと、その時初めて知りました。

橋本祥平

――実際に舞台に立ってみていかがでした?

毎日本当に必死すぎて、あっという間に稽古が終わり、もう本番かって思いました。そして初日の幕が開き、無事に終えて……その時はまだ気持ち的に大丈夫でした。でも斎藤一に決まった時から終わるまで、どこかで緊張の糸が張り詰めていたんでしょうね。大千秋楽が終わってプツンと切れてしまって、舞台の上で大号泣しました(笑)。

橋本祥平

―― 一気に気が緩んだでしょうね。では斎藤一という役と向き合って得たものとは?

ずっと「ミュージカル『薄桜鬼』に出たい、出たい!」という想いを抱いて生きてきたので、思い続けて明確な目標に向かって進み続けると、本当に叶えられるんだなと思いました。そして、僕にとっては死ぬまで感謝し続ける作品なので、そんな作品に出会えたことに、とにかく感謝しました。ガッツリ大きな舞台をやったのもミュージカル『薄桜鬼』が初めてだったので、そこで見た景色や稽古場で先輩が教えてくださったアドバイス……そういう一つひとつの経験が自分の中に残り続けて、今後も役者人生を歩んでいくのかなと思っています。

【舞台『刀剣乱舞』 (2017年~)】“毎日アドリブ”で鍛えられたメンタル 短刀での立ち回りも「めちゃくちゃ大変でした」

橋本祥平

舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜
原案: 「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出:末満健一
音楽:manzo  テルジ ヨシザワ
公演期間:2017年6月1日~6月25日(天王洲 銀河劇場)、2017年6月29日~7月2日(京都劇場)、2017年7月13日~7月14日(福岡サンパレス ホテル&ホール)
ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』を原案とした舞台の第3弾。名立たる刀剣が戦士の姿となった「刀剣男士(とうけんだんし)」たちに「関ヶ原の戦い」への出陣の命が下りる。

――舞台『刀剣乱舞』では太鼓鐘貞宗(たいこがね・さだむね)役。演じることが決まった時の心境は覚えていますか?

『刀剣乱舞』の舞台化が発表された時に「いいな、やりたいな」と思ったので、第3弾『義伝 暁の独眼竜』で太鼓鐘貞宗役のお話をいただき、決まった時はすごくうれしかったです。キャストさんもスタッフさんもプロの現場で、稽古場では毎日刺激を受けました。僕が演じる太鼓鐘貞宗は、東啓介君演じる燭台切光忠(しょくだいきり・みつただ)とずっと一緒にいるような関係性で。東君とはミュージカル『薄桜鬼』で出会い、打ち解けた仲だったので、毎日一緒に帰ってご飯も行って。そこで「このシーン、こうしようか」って話し合った記憶がたくさんあります。

橋本祥平

――漫画やゲームが舞台化される場合、役作りには原作のキャラクター設定からヒントを得られると思うのですが、『刀剣乱舞』はヒントとなるのは声優さんの声くらいなのかなと。

そうですね。声優さんの声のお芝居を聴いて、自分の中でどんどんイメージを膨らませていきました。でも「ここだけはめちゃ似せたい」という部分と、「ここは舞台ならではの熱量で押し切りたい」という部分、そのバランスを考えて作っていった気がします。第一声と名乗りはお客さんにも強い印象を残すと思うので、ゲームに寄せたいなと思いました。

橋本祥平

――舞台『刀剣乱舞』は激しい殺陣に定評がありますが、やってみていかがでしたか?

太鼓鐘貞宗は短刀なので、正直めちゃくちゃ大変でした。長い刀に比べて、動きとしてもう一歩奥に入り込まないといけないんです。素早さを出すためにも、めちゃくちゃ動き回って、斬って、転がってというアクションを付けていただいたんですが、今思い返しても大変だったなって思います。大立ち回りが終わって舞台袖にはけると、疲れているのですが、楽屋で休憩している荒牧慶彦さんのところにヘトヘトの状態で行き、ひとボケしてからまた舞台に戻るという、勝手に過酷なことをしていました(笑)。

橋本祥平

橋本祥平

――舞台『刀剣乱舞』という作品を通して、どんな部分が成長できたと思いますか?

鈴木拡樹君をはじめ、経験も人気もある役者さんたちと共演できたことは僕の財産になりました。あとは、稽古段階で『ここアドリブ入れていいですか?』と演出の末満(健一)さんに自ら提案したんです。50公演近く毎日違うアドリブを東啓介くんと一緒に考えてやったことで、自分の中の引き出しが増えて、メンタルが強くなったかなと思います(笑)。

【KING OF PRISM~Over the Sunshine! (2017年~)】真っ白な主人公への葛藤……“お尻出し”に込めた役者魂

橋本祥平

――『KING OF PRISM~Over the Sunshine!』では初のアイドルものに挑戦。主人公の一条シンを演じました。

舞台『KING OF PRISM-Over the Sunshine!-』
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
脚本:青葉譲
演出:宇治川まさなり
音楽:石塚玲依
公演期間:2017年11月2日~5日(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)、11月8日~12日(AiiA 2.5Theater Tokyo)
劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の初舞台化作品。最新技術を駆使した舞台ならではの演出で劇場版アニメを忠実に再現し、劇場版で話題になった“応援上映”の演出を引き継いでいる。

シンは真っ直ぐで、“ザ・主人公”という感じの男の子でした。太陽みたいにキラキラしてるんですが、(ほかの作品でも)主人公って色で例えると意外と真っ白で、他のキャラクターのほうが色が濃かったりしますよね。シンくんも何色にも染まれるような純粋なキャラクターで、ここに来てこんな純粋な役を演じられるのかといううれしさがありました。それと同時に「オレはまだこの役イケるのかな?」と葛藤しながら演じましたね。

橋本祥平

――確かに『KING OF PRISM~』はシンを取り巻く人たちのほうが強烈です。その中で“普通”のシン君を演じてみていかがでしたか?

すごく楽しかったです。シンという役ができたこともそうですが、『キンプリ』は、エーデルローズというプリズムスタァ養成スクールに所属する7人の男の子たちが一つになるお話なんです。だからみんなでお芝居するのが楽しかったし、劇場版のアニメは応援上映の先駆けのような作品で、舞台でも応援上映をやってみようということになりました。もしかしたら本番では予想外のことが起きるかもしれないけど、そこはやってきたことを信じて突き進んでいこうという気持ちで本番を迎えたんですが、まあお客さんが本当に優秀で!(笑) 応援するタイミングもバッチリで、舞台上の会話プラス客席とも会話している感覚があり、新しい演劇の形を見たと思いました。

橋本祥平

――お客さんの声援や掛け声は、演者のモチベーションに繋がりそうですね。

繋がりますね。本当に背中を押してくれます。どんなに疲れていても、みなさんの声を聴いたら120%の力が出てしまうくらい。お客さんと一緒に作った作品だと思います。みなさんの声が救いになりました。

橋本祥平

橋本祥平

――この作品ではお尻を出していらっしゃいますね(笑)。

最初はもう少し肌面積を少なくするはずだったんです。「でもな……『キンプリ』といえばお尻のインパクトが強いな」と思って、全部出していいですかと(笑)。もう相談もせずに、場当たりの時に出してしまって、そこでOKをいただいたので「よし、じゃあこのままいきます!」と。当時マネージャーさんともお話しして、「役者としてやるなら全然いい。でもDVDが出たら映像が残ってしまうよ、それでもいいの?」と言われたんですけど、「全然いいです、もう覚悟を決めたので、やらせてください」とお願いしました。それが今では、平気で写真集でお尻を出すくらい慣れました(笑)。

【ひとりしばい (2020年)】コロナ禍であふれた“芝居したい欲”をぶつけた新境地

橋本祥平

――今年の6月には、俳優・声優さんがオムニバスで出演する配信の一人芝居シリーズ『ひとりしばい』に挑戦されました。

いまさらキスシーン
演出:中屋敷法仁
公演期間:2020年7月26日(ビデオ会議システムZoomにて配信)
講談社とOffice ENDLESSの共同プロジェクト「ひとりしばい」シリーズの第4弾として上演。部活! 勉強! そして恋愛! あらゆるものに心奪われながら天才女子高生は今日もひとり国道4号線をひた走る! 爆走系青春喜悲劇!

はい。(新型コロナウイルスにともなう)自粛期間が終わって一発目の演劇で一人芝居に挑戦しました。でも最初にお話をいただいた時は、「やります」とすんなり言えなかったんです。一人芝居は生半可な気持ちじゃできないなと思っていたので。もちろん興味はありました。でも果たして最初から最後まで自分一人の力で芝居を保たせることができるのかなという不安と、今までのお芝居は人との会話で成り立っていたし、自分がミスったとしてもフォローしてくれる信頼できる人がいた、そこを一人でやれるのかと。なので一度持ち帰っていろいろ考えました。でも自粛期間中にいろんな作品を見て、自分の中の“お芝居したい欲”を今にも溢れ出そうなくらい溜め込んでいたので、それを吐き出す良いチャンスじゃないかと思い、「やらせてください」と返事をしました。

橋本祥平

――内容についてはどんなふうに詰めていったのですか?

演出家は『文豪ストレイドッグス』でご一緒した中屋敷(法仁)さんでした。やることを決めてから一人芝居をいろいろ見て、いろんな形があるんだなと思ったんです。自分はどんな方向性でやりたいのか考えて、自分の中に溜め込んだものを発散したいと。そこで「中屋敷さんとゴリゴリな演劇がしたいです」とお願いして、タッグを組ませていただくことになりました。中屋敷さんとご一緒するので、文豪関連で芥川龍之介さんの作品をやろうかという話も出ましたが、中屋敷さんから「僕が昔書いた一人芝居の戯曲がありまして」と提案があり、脚本をいただいたらめちゃくちゃおもしろくて! 「これだ!」と思いました。それが『いまさらキスシーン』という、(中屋敷さんの劇団)「柿食う客」で玉置玲央さんもやられた一人芝居でした。正直、めちゃくちゃハードルが高い作品だし、自分がどこまで通用するのかなと思いましたが、中屋敷さんの「これをやってほしい」という想いも感じたので、やらせていただくことにしました。

橋本祥平

――実際に一人芝居をしていかがでした?

セーラー服を着て女子高生の役を全力でやりました(笑)。セリフはこれまた中屋敷ワールドな作品で、女子っぽくもあり、武士っぽくもなったり。間を与えないテンポ感でどんどん進んでいくんです。今思うと、セリフを覚えるのも非常に大変で、初めてあんなに台本と向き合ったかもしれないなと。起きてから寝るまで、ご飯とお風呂の時間以外は台本と向き合って、受験勉強のごとくセリフを覚えました(笑)。気分が沈んだ時は、妹に「なあ、お兄ちゃん頑張ってるよな?」と助けを求めました。妹が「うん、頑張ってるよ」って軽く返してくるので、「OK! じゃあ頑張るわ」とまた脚本に向き合う、そんな日々でしたね(笑)。

橋本祥平

橋本祥平

―― 一人芝居をやったことで、カンパニーのありがたさを改めて感じたのでは。

はい。会話できる人がいるだけで素晴らしいことなんだって思いました。音響さん、照明さん……スタッフさんはいましたが、孤独感はありましたから。でも結果として、やって良かったなと思いました。一人芝居をやって、これからはどんな現場に行っても臆さずできそうだなって思えるくらいの度胸は付いたのかなと思います。お芝居ももっと好きになりましたし、単純に自信に繋がった作品になりました。……でも、またすぐやりたいかって聞かれると、ちょっと考えたいなと思います(笑)。

【幽☆遊☆白書 (2019年~)】“橋本祥平”の現在地 少年時代の夢が詰まった「飛影」という役

橋本祥平

舞台『幽☆遊☆白書』
原作:冨樫義博『幽☆遊☆白書』(集英社「ジャンプコミックス」刊)
脚本・演出:御笠ノ忠次
公演期間:2019年8月28日~9月2日(シアター1010)、9月4日~8日(森ノ宮ピロティホール)、9月10日~13日(ももちパレス)、9月20日~22日(一宮市民会館)
冨樫義博氏による人気コミック『幽☆遊☆白書』初の舞台化作品。事故で亡くなった不良学生・浦飯幽助が霊界探偵となって妖怪絡みのトラブルを解決し、熱いバトルを繰り広げる。

――そして、5つ目は舞台『幽☆遊☆白書』を選ばれました。2020年の締めくくりとなる舞台『「幽☆遊☆白書」其の弐』への挑戦はいかがですか。

ありがたくもキャスト変更なしの第2弾をやらせていただけることになりました。この作品はとにかく現場が楽しい! 非常に良い雰囲気で稽古が進んでいる感じがします。居心地的には明治神宮の中にいるような、パワースポットじゃないかと思うくらい良い雰囲気の現場です(笑)。

橋本祥平

――前回に引き続き豪華キャストの中で、大人気キャラクターを演じることになりますね。

贅沢すぎるキャストの中に僕も入れていただいて、この中でどれだけ自分が勝負できるのか、そして飛影という『幽遊白書』の中でも大人気のキャラクターを演じるのが、非常に楽しいです(笑)。前回の飛影は主人公の浦飯幽助と敵対していたんですが、今回は一緒に戦います。幽助のことが気になって飛影の心が揺れたり、妹の雪菜に対する想いも描かれたりと、少しずつ飛影のかわいいところもみなさんにお届けできたらなと思っています。

橋本祥平

――飛影というキャラクターはあの中でも、主人公に負けない強いキャラクターですよね。

もう、子どもの頃やりたかったものが全部詰まってますよね(笑)。刀で戦うのもかっこいいですし、今回はまだ出てこないですけど、飛影の「邪王炎殺黒龍波」という技もですし、「第三の目“邪眼”」なんていうのもあって……もうドリームてんこ盛り。個人的にもノリノリでやらせていただいてます。

橋本祥平

――演じることや役者というお仕事は、橋本さんの中ではどんな存在なのでしょうか。

コロナの影響で演劇から離れてしまう時間ができて、いろいろ考えて、こんなにも自分の中になくてはならないものなんだなと改めて思いました。それを知れただけでも、自粛期間があったのは無駄じゃなかった気がします。もちろん今までもお芝居が、このお仕事が好きで続けてきましたが、この道以外のことが考えられないくらい、僕にとっては、心の底から大好きでずっといたい場所になりました。

 

スペシャル動画

 

プロフィール

橋本祥平

橋本祥平(はしもと・しょうへい)

1993年12月31日生まれ、神奈川県出身。2013年1月、舞台『陽炎ペイン』でデビュー。ミュージカル『薄桜鬼』、舞台『刀剣乱舞』、ハイパープロジェクション演劇 舞台『ハイキュー!!』など2.5次元舞台作品で注目を集め、『15歳、今日から同棲はじめます。』などドラマや、『Dimensionハイスクール』『アルゴナビス from BanG Dream!』で声優を務めるなど幅広く活躍している。今年11月21には2nd写真集『橋本祥平/縁~enishi~』を発売、12月からは舞台『幽☆遊☆白書』に飛影役で出演している。

作品情報

2nd写真集『橋本祥平/縁~enishi~』

2nd写真集『橋本祥平/縁~enishi~』(発売中)
俳優活動の集大成として制作され、函館を中心に撮影を敢行。声優として出演するTVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』の聖地である「八幡坂」や「ラッキーピエロ」も登場する。ありのままの“素の表情”だけではなく、“俳優”として一瞬一瞬を切り取り、148ページという大ボリュームで橋本祥平の現在を収めた。自身の活動のルーツから今までを振り返る1万字を超えるロングインタビューも収録され、ファン必携・永久保存版の1冊となっている。

 

PICK UP

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS