“匂いフェチ” 畑芽育が語る香水の世界 初恋や制服のスカートにつけた思い出も

畑芽育

現在放送中のドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』や、『女子高生の無駄づかい』での好演が話題の若手女優・畑芽育さん。撮影の合間でもプライベートでも、彼女がいつだって興味津々なトピックといえば“匂い”や“香り”。その興味は香水や化粧品に止まらず、“人の手の匂い”までもを愛する、極度の匂いフェチなのだそう! 今回はお気に入りの香水やつけ方、香りとリンクする印象的な思い出など、“匂い”や“香り”にまつわるお話をとことん語っていただきました。

撮影:石川咲希(Pash) 取材・文:東海林その子
記事制作:オリコンNewS

母からの勧めで目覚めた香水。「人の匂い」も大好き!

畑芽育

――畑さんが“匂い”や“香り”に興味を持ったきっかけを教えてください。

小学生の頃、お友だちから借りたハンカチをおうちに持って帰ってしまった時に、お母さんが「香水を軽く1プッシュして返したらおしゃれじゃない?」って教えてくれて。お母さんが持っていた香水をシュッとかけて返したら、「すごくいい香り! ありがとう」って喜んでくれたんです。そこから、香水っておしゃれだなと思うようになって、香りがいいものが好きになりました。「柔軟剤はこれがいい」ってお母さんにおねだりしたり、ちょっとずつ興味がわきました。

畑芽育

――ちなみに、畑さんのことは匂いフェチと言っていいのでしょうか?(笑)

いい……と思います(笑)。香水だけに限らず、人の手の匂いとか、本当にいろんな匂いが好きなんです。撮影が終わったあとのみんなが疲れた時のいろいろな場所の匂いとか、本当になんでも嗅ぎます。『荒乙』(ドラマ『荒ぶる季節の乙女たちよ。』)の現場でも、泊まりがけの撮影で田中珠里ちゃんの匂いを嗅いだりしました(笑)。                              

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

荒ぶる季節の乙女どもよ。【ドラマイズム公式】(@araoto_drama)がシェアした投稿 -

『荒乙』ではおさげヘアの畑さん

――食べ物の匂いはいかがですか?

納豆やタイ料理の匂いはめっちゃ好きです。ナンプラーをドバドバ使っている料理だと、食べながら「ありがとうございます」って思います(笑)。パクチーは味が苦手で、ブルーチーズはまだ食べたことは無いのですが、多分好きです。ちょっと大人な味だなって思います。

畑芽育

――では、動物の匂いは?

動物ではなく、人の香りが好きなんです(笑)。特に好きなのは赤ちゃんの匂い。あれって香水じゃ表現できない、独特な香りじゃないですか。3年前にお姉ちゃんに子どもが生まれた時に、「いい香りだな、落ち着くな~」っておなかや首元の香りをずっと嗅いでいました(笑)。赤ちゃんって、お風呂に入れてもすぐその香りに戻るのが不思議なんですよね。

好きな香りの種類は? お気に入りの香水3選

(左から)ジバンシイの「イレジスティブル」、ジョー マローン ロンドンの「イングリッシュペアー&フリージア」

(左から)ジバンシイの「イレジスティブル」、ジョー マローン ロンドンの「イングリッシュペアー&フリージア」
――いろんな香りを嗅ぎまくっているんですね(笑)。今日は愛用の香水をいくつかお持ちいただきました。

はい! ジョー マローン ロンドンの「イングリッシュ ペアー&フリージア」と、今日つけているジバンシイの「イレジスティブル」です。ジバンシイの香水がすごく好きなんですよね。

「サンタ・マリア・ノヴェッラ」を試す畑さん

「サンタ・マリア・ノヴェッラ」を試す畑さん
――編集部からもいくつか香水を持ってきたので、もしよろしければ嗅いでみてください!

うれしい~! あ、これ好きです。「サンタ・マリア・ノヴェッラ」ですよね。めっちゃおいしい……。香水をおいしいって言っちゃった(笑)。

VERSACE「ジーンズ クチュール ウーマン」の香りにうっとり

VERSACE「ジーンズ クチュール ウーマン」の香りにうっとり
――普段つけるのはどういう香りが多いですか?

ホワイトリリーやムスク系、せっけんのような、甘い香りが好きです。柔軟剤もフローラル系ですね。                          

畑芽育

――特にお気に入りの香水を3つ教えてください!

1つ目はジバンシイの「リヴ イレジスティブル ロージークラッシュ」っていう、もう廃盤になってしまった香水です。甘めなんですけど、最初の香りと時間が経ってからの香りが全然違って、その違いも楽しめるんです。今まで嗅いだことのない、いい香りに衝撃を受けて、すぐに調べて買いました。

2つ目は今回持ってきた、ジョー マローン ロンドンの「イングリッシュペアー&フリージア」。撮影現場でこれをつけていた方がいて教えてもらったんですけど、夏っぽい爽やかな香りなんですよ。季節によって香水を変えたら楽しいなと思っていて、夏に似合う香水だったらこれかなと最近よくつけています。

畑芽育

もう1つは、悩むけど……「クロエ オードパルファム」かな。これも定番だと思うんですけど、万人受けする香りだなと思います。落ち着くので、寝る前につけることが多いです。

畑芽育

――寝る前にはどうつけるんですか?

枕元につける場合もあるんですけど、韓国のLush(ラッシュ/イギリス発の化粧品・バス用品メーカー)に行ったときに店員のお姉さんが教えてくれたおすすめのつけ方をよくやっています。お風呂上がりに、濡れた体に香水を揉み込みながらタオルドライすると、香りがだんだん体に馴染んでくるんだそうです。

なので、今日はこの香りで寝ようって決めたら、その香水をお風呂場に持って行くんです。スキンケアやヘアケアっていろいろ大変だったりしますけど、香りって1プッシュするだけで自分に届くじゃないですか。そうやってすごく簡単に楽しめるところも好きなんです。

畑芽育

――では、普段のつけ方は?

おうちを出る1~2時間前くらいに手首、耳の裏、胸元につけます。私の中でトップノート(香水をつけたとき、最初に感じる香り)がときめく香水は少なくて、時間が経ってからすごくいいなって思うもののほうが多いんです。だから時間が経ってからいい香りになる香水を探して、それを計算しながらつけています。買うときもテスターをつけたらそのまま1日過ごしてみて、いいなって思ったら買うようにしているんです。

撮影現場でも共演者を直撃して香りのリサーチ

畑芽育

――先ほども少しお話に出てきましたが、撮影現場でもいろんな方につけている香水を聞いているそうですね。

そうなんです。共演者の方とか、いい匂いがすると聞きまくっているんですけど、それで知らなかった香水に出会えることが多くて。でも、デパートに行って匂いを嗅いでみても、その人から感じた香りとは全然違うんですよ。それはその人がもともと持っている香りが混じっているからで、自分がつけたときとは香りが全然違うので、そこもまた楽しいんです。

畑芽育

――「この人の香りは素敵だった」というエピソードがあれば、ぜひ教えてください。

横田真悠ちゃんはいっつもいい香りがするんですよ。聞いてみたら、香水を組み合わせて使っているそうです。たまに3種類使うこともあるって言っていました。すごい上級者ですよね。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

横田真悠(@yokota_mayuu)がシェアした投稿 -

『荒乙』オフショット(左から)玉城ティナさん、畑芽育さん、山田杏奈さん、横田真悠さん、田中珠里さん

――知らない人、たとえば街ですれ違う人からいい香りがしても気になったりしますか?

とても気になります。聞こうと思ったことも何回かあります。でも、いきなり香りについて話かけるのは本当に変な人すぎるって思って、どうにか我慢しています(笑)。店員さんとかだと聞いちゃいますね。快く教えてくれるのでありがたいです!

思い出の香水たち 淡い初恋の記憶も

畑芽育

――香りへの探究心がすごいです(笑)。現在、香水は何個くらい持っているんですか?

そんなに持ってないのに語るのは申し訳ないんですけど……、サンプルとかももらいながら集めて、多分15、6個かな。今はスタメンから外れてしまった香水もあるんですけど、それを嗅ぐとつけていた当時のことを鮮明に思い出すので、記憶を辿るのにいいアイテムだなと思います。

畑芽育

――印象深い思い出とリンクしている香水はありますか?

恥ずかしいんですけど(笑)、SHIROの「ホワイトリリー」の香水を買ったときは初恋をしたときでした。その香りを嗅ぐと、当時のことを思い出してキュンってなります。あと、ジルスチュアートの「クリスタルブルーム」は人生で初めて買ってもらった香水で、それも昔のことを思い出して懐かしいなって思いますね。容器もすごくかわいくて大好きで、いまだにとってあります。瓶が特徴的な香水もテンション上がりますね。

畑芽育

――中学生で学校に香水をつけていくのは勇気がいると思うのですが、そのときはどう使っていたんですか?

スカートの裏につけていました。何かの記事で、そうやってつけると揺れたときにふわっと香るって書いてあって。友だちから「いい香りする!」って言われたときはうれしかったです。                      

畑芽育

――スカートやハンカチにつけるように、他にも好きなつけ方はありますか?

髪の毛からいい香りがする人が好きだから、髪を乾かした後に、なるべく遠くから薄くつけることがあります。香水の有名なブランドからヘアミストも出ているんですけど、やっぱり香水とはちょっと違うなって思うことがあって。温度が高い場所につけるといい感じに香るって聞いたので、ドライヤーをしてすぐにふんわりつけています。

畑芽育

――ここぞというときにつける香水はありますか?

ジョー マローン ロンドンの香水は普段も使うし、ここぞってときも使います。そういうときは日中も持ち歩いています。本当はアトマイザーとかに入れたほうがいいんですけど、瓶がかわいいのでテンション上がるし、実際につけなくても瓶から香る匂いでリラックスできるので。地方でのロケだと場所ごとに香りが変わって落ち着かないので、香水を嗅ぐことでリラックスできたり、自分に戻れるきっかけになっています。

憧れの香水 いつか身につけたい香りたち

畑芽育

――今後つけてみたい香水は?

金木犀の香りです。中学の通学路にいっぱい咲いていて、いい香りだなって思ったのを覚えていて。最近はその香りを探しています。

畑芽育

――まだまだ気になる香りがたくさんあるんですね。畑さんは香り好きが高じて、公式グッズでサシェを作られたんですよね。

ムスクやせっけん系とか、何個か香りの案を出したんですけど、定番だったらこれかなと思ってホワイトリリーにしました。デザインを決めるのも楽しかったですね。憧れの人がつけている香水とか好きな香りってテンションが上がるし、知りたいなって思うじゃないですか。だから私が考えた香りってことで、みんなが喜んでくれるものになったらうれしいなと思いながら作りました。クローゼットはもちろん、お出かけの際鞄に忍ばせたりしてください。(商品情報:2個入り1800円、購入はK-SHOPから:http://www.kenon-shop.jp/products/detail.php?product_id=1780

畑芽育 サシェ(2個セット)

――サシェのように、香水以外の香りものでお気に入りはありますか?

入浴剤やヘアオイル、ルームフレグランスとかおうちで楽しめるものですね。ルームフレグランスで気になっているのはSHIROで、いろんな香りを揃えられたらなと思っています。SHIROはナチュラルな女性らしい香りで、だけどくどくないのですごく好きなんです。柔軟剤も気になるんですよね。入浴剤はクナイプのバスミルクがお気に入りです。バスミルクだと保湿もされるから、ケアをしながら香りも楽しめてオススメです。

畑芽育

――香水の本場といえばヨーロッパですが、それにちなんで行ってみたい場所はありますか? フランスには香水博物館もありますが。

香水博物館があるって知ったときはすごく興味湧きました。そこに行ったらいい香りの人しかいないだろうから、絶対テンション上がるなって(笑)。やっぱりその土地ごとに香りが違うので、いっぱい海外に行って現地の人の香りを楽しみたいです。

畑芽育

――“現地の人の香り”なんですね(笑)。では畑さんにとって、「香水とは」。一言で表現するなら?

香水は、思い出かなと思います。そのときそのときの思い出が詰まっていて、匂いを嗅ぐだけで簡単に思い出せるもの。これからもたくさん使って、たくさん思い出を残せるといいなって思います。

 

スペシャル動画

 

プロフィール

畑芽育

畑芽育(はた・めい)

2002年4月10日生まれ、東京都出身。1歳のころから芸能活動を始める。女優として活動し、今年1月期ドラマ『女子高生の無駄づかい』でロリ役、9月期ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』で須藤百々子役を務める。趣味は音楽を聴くこと、特技はダンス。

 

作品情報

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』
(MBS/TBSで放送中、毎週火曜MBS・深0:59、TBS・深1:28)

原作・岡田麿里氏、漫画・絵本奈央氏による漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の実写化。文芸部に所属する女子高生たちが、“性”にほん弄されながらも成長していく青春群像劇で、“性”の悩みに揺れ動く乙女たちを描く。いわゆるザ・普通の妄想女子で、幼なじみの典元泉(のりもと・いずみ)との“とある事件”をきっかけに、ますます性に思い悩み始める文芸部の高校1年生の小野寺和紗(おのでら・かずさ)を山田杏奈。和紗と同級生でミステリアスな雰囲気の文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、「セックスです」という一言を投じた張本人の菅原新菜(すがわら・にいな)に玉城ティナ。この2人が所属する文芸部の部長、曾根崎り香(そねざき・りか)役に横田真悠。小野寺和紗の大親友の文芸部員・須藤百々子(すどう・ももこ)役に畑芽育。そして、自身で小説も執筆しており謎の作家オーラを醸し出す文芸部2年・本郷ひと葉(ほんごう・ひとは)は田中珠里が演じる。

 

■関連記事■

 

 

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS