飯島寛騎、バイクを愛しバイクに愛された男 「ペットと一緒でかわいい奴」

飯島寛騎

特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』で俳優デビューを果たし活躍を続ける飯島寛騎さんは、バイクと不思議な“縁”を持つ俳優。小さいころから慣れ親しみ、バイクは「ペットと一緒でかわいい」と熱く語る飯島さんに、バイクとの出会いや付き合い方、はたまたバイク旅行まで、こだわり全開のバイクライフを熱く語っていただきました。

撮影:平野敬久/取材・文:遠藤政樹
スタイリング:MIDORI/ヘアメイク:又吉桃花(superbly inc.)
記事制作:オリコンNewS

始まりの場所は父親との「タンデム」 乗車時はファッションも意識

飯島寛騎

――お父さまもバイクに乗られていたそうですが、飯島さんがバイク好きになったのはその影響が大きいのでしょうか。

おそらくそうですね。幼いころから父親がバイクに乗る姿を見たり、後ろに乗せてもらったりしていた体験は大きいかもしれないです。                       

――父親とのタンデム(2人乗り)、カッコよくて憧れちゃいます。印象に残っている当時の思い出を聞かせてください。

(出かけるのは)近所が多かったですね。父親がオフロードバイクも持っていて、小学生の時は河川敷の坂をグッと登るなど、本当に運転が好きじゃないと行かないような攻めた場所に多く行っていました。今の僕でも(登れる)自信がないような所もありました。

北海道出身なのでバイク=自然とふれ合う、ではないですが、“バイクでしかできないことをやる”のが昔から好き。そういうことを父は教えてくれましたね。

飯島寛騎

――背中で語るような、素敵な思い出ですね。ご自身が免許を取った後、初めて乗ったバイクの車種は覚えていますか?

ホンダの「AX-1(※)」という今から30年前ぐらいのモデルです。父親の知り合いもバイク乗りで、その方はもう乗っていないということだったので安く譲ってもらい、エンジンを直して乗りました。それが初めてですね。

※AX-1:1987年にホンダから発売された軽二輪スポーツバイク。249cc。

――今もそのバイクに乗っているのでしょうか。

今は2台目となる、ニーハン(250cc)のカワサキ「エストレヤ」に乗っています。AX-1は従兄弟にあげました。                       

カワサキ「エストレヤ」に乗る飯島さん

――バイクを受け継いでいくというのはいいですね。バイクは排気量のほか、オフロードやアメリカンなどいくつかタイプがありますが、飯島さんの好みは?

どちらかというとネイキッド(=ライトまわりからエンジンにかけてカバー類がなく、むき出しになっているタイプ)が好きですが、オフロードもシンプルに乗りやすい。遊び心があるバイクが好きですね。

――バイクに乗っていてもっとも楽しいと感じるのはどのような瞬間ですか?

何も考えず、40キロくらいでトコトコ走るとき。たまに無心で1人考える時間といった“ゾーン”みたいなものに入るときがあって、そういうのが40キロくらいで走行していると出ますね。一番楽しいです。

飯島寛騎

――あえての40キロ走行で優雅に走るのは気持ちよさそうです。バイクは車と違い、暑さや寒さに備えることが欠かせませんが、自分なりの対策法などがあれば教えてください。

どっちも苦しくて嫌ですけど……(笑)、どちらかというと夏の方がエンジンのつきもいいし気持ちいいかな。今の時期だと防寒しないとつらいですけど、ファッションもバイクに乗る一環として楽しみたくて。寒いのでさすがにダウンは着ますけど、ファッション性のために少し我慢しているところはあります。

飯島寛騎

――バイクに乗ると決めた日にファッションも合わせるのは、好きだからこそですね。では、バイクに乗っていて「もしかして、いま俺カッコいい?」と思う瞬間はありますか?

左折しているときです。今乗っているのはセパハン(※)で、ハンドルだけで曲がろうとすると曲がりきれないことも。そのときに車体を傾けつつきれいに曲がれた瞬間、ちょっと「イケてるな」って思います(笑)。そういうちょっとしたところで何かカッコよさを出したくなりますよね。

※セパハン:セパレートハンドルのことで、クラッチ側とブレーキ側のハンドルが独立した部品でできているもの。

バイクの音は「楽器」 職人的こだわりも

飯島寛騎

――スムーズなコーナリングは見ていてほれぼれします。ところで、バイクをいじってカスタムすることもありますか?

AX-1はあまりいじらなかったですね。今のエストレヤはすこしカフェレーサー(※)っぽい仕様にしていますけど、極端にハンドルを内側……とかではなく、運転に支障がないくらいのいじりにしています。

※カフェレーサー:1960年代のイギリス発祥のスタイル。一般的なバーハンドルより低めにハンドルを付ける「コンチネンタルハンドル」などがある

飯島寛騎

――やり過ぎると右左折に苦労する場合もありますし、外見と機能性の両立は大事ですよね。バイクと言えば“音”も魅力の一つですが、何かこだわりはありますか。

“鳴き声”というか、バイクは“楽器”だと思っています。乗る人によっては同じバイクでも全然音が違いますし、そういう自分だけのモノみたいな感覚はありますね。ペットの犬や猫がかわいいように車とかバイクもそう。かわいいんです(笑)。そういう愛着が湧いてきますね。

飯島寛騎

――なるほど。好きな人にとってはかけがえのない存在なのですね。“楽器”と表現する飯島さんの愛車のマフラーは、どのような仕様でしょうか。

あくまで規則の範囲内ですが、今のマフラーはメガホンタイプでやや大きめの音なので、夜中だと、特に乗らない人からしたらすこし気になるかもしれないですね。僕もバイクが通った際に「うるさいな」って感じることがありますから、その気持ちはわかります(笑)。ただそれが自分と波長が合っているというか、自分を高めてくれるというか……。

バイクで行きたい 飯島寛騎が選ぶおすすめの旅先3カ所

飯島寛騎

――バイクの醍醐味としてツーリングも挙げられますが、今までもっとも遠出した場所はどこでしょうか。

普段はちょい乗りが多いんです。周りにバイクを持っている人が少なく1人で……というのが大半。

――ツーリングといえば、飯島さんは旅行もお好きとのことですが、これまで旅行で訪れた中でおすすめの場所を3つ教えてください。

印象に残っているのは川崎の工業地帯。『FF(ファイナルファンタジー)』の世界観みたいで感動しました。景色はもちろんのこと、バイクで行っていたので「あれ、俺クラウドかな?」って思いましたね(笑)。

飯島寛騎

――工場風景を見るのもお好きなんですね。他にはいかがでしょうか。

山梨の「ほったらかし温泉(※)」です。友だちと目的地を決めずにレンタカーを借りて、「ダーツの旅」的な感じでiPhoneを使って行く場所を決めたら山梨県に行くことになりました。着いてまず「山梨といえば……」ということでほうとうを食べて、その後温泉に入りたくなって調べたら、近場にほったらかし温泉がありました。

※ほったらかし温泉:山梨市にある日帰り温泉施設。自然の立地を生かした、富士山を望む眺望が人気。

下調べせずに行きましたが、すごく良かったですね。残念ながら遅い時間で富士山は見えなかったのですが、星がきれいで、ぬるめの温泉でゆったりできました。たまたまの発見でしたが、いい旅だったなというのは覚えています。

飯島寛騎

――プランを立てずに行き当たりばったりの旅行、とても楽しそうです。3か所めはどこでしょうか。

北海道かな。住んでいたので、どこにでも行けます。冬は寒いけど、夏だったら、例えば積丹(しゃこたん)は海がきれいで海鮮もお手頃で楽しめるし、自然とふれ合うのが好きなので富良野とか、ひまわり畑が一面にある北竜町(ほくりゅうちょう)もいいですね。今は旅行するのは難しいですけど、落ち着いたら友だちでも家族でもカップルでも旅行で北海道来てもらえたら……って何をPRしているのでしょうね(笑)。

飯島寛騎

――郷土愛ですね(笑)。では今後バイクで行ってみたい場所はありますか。

長野県の阿智村(あちむら)ですね。“日本一きれいに星が見える場所”と言われている場所ですけど、そこは行ってみたいなと思います。

バイクに乗っていることは、もはや“必然”

飯島寛騎

――ところで、旅行はお一人で行くことが多いのでしょうか?

友だち2~3人で国内に行くことが多いです。ただ友だちが全員バイク乗りというわけでもなく、バイクで遠出はすこし疲れてしまうし、ずっと黙っているのもなって。だから、車の免許も持っているので、遠出となると友だちと車で行くことが多いです。2時間半ぐらいかけて静岡の「サウナしきじ(※)」に行ったことがありますね。とはいえ、バイク友だちは募集中です!

※サウナしきじ:静岡県駿河区にある、天然水をふんだんに使っていることで人気のサウナ施設。サウナ好きたちの間で聖地として名高い。

飯島寛騎

――一人で乗るのも楽しいけど、やっぱりバイク仲間はほしいですよね。

そうですね。コロナ禍になって、車やバイクの免許を取られる方が増えてきたようなので、自分からも何かバイクの面白さを発信できたらなと思い、Instagramなどで写真をアップするようにしました。

バイク乗車時は身体がむき出しだから危ない乗り物と思う人も多いと思いますが、車もバイクも乗り方次第。きちんと安全運転を心がければ安心ということをわかってもらいたいですし、趣味として自分の人生を充実させたいと思って発信しています。そういう想いが男性女性問わず、多くの方に届けばいいなと思っています。

――趣味を探している人にとって一つのモデルになると素敵ですね。バイクの免許は自動普通二輪とのことですが、今後、大型にチャレンジは?

大型を取りたくて教習所に電話したら、混んでいて入校できなくて(苦笑)。一発試験(教習所に通わず、いきなり試験に挑むこと)でいこうかなとも考えたのですが、ちょっとスカスカぐらいのバイクの方がルックス的にもタイプで、普段も軽いバイクに乗っているから受かる自信がない……。でも大型は取っておきたいですね。

飯島寛騎

――それも踏まえた上で、今後乗ってみたいバイクがあれば教えてください。

ナナハン(750cc)のフォア(ホンダCB750Four)かZ1(カワサキ)は乗ってみたい。国産車が好きなのですが、そういう旧車は高くて。それでも乗ってみたいというのはあります。今のバイクは本当に性能もいいのですが、言葉を選ばずに言うと完璧すぎて“遊び”がない。教習車でも使われているスーフォア(ホンダCB400 SUPER FOUR)も音などもすごく良いけど、個人的には良すぎて面白くない印象。それならすこしガタガタなやつに乗りたいなって思うのは何なのでしょうね。

飯島寛騎

――譲れないこだわりというのは愛あればこそ、ですね。それでは最後に聞かせてください。飯島さんにとって「バイクとは」?

あまり改まって考えたことはなかったですが、小さいときから触れていたので「必然」ですかね。バイク好きの父親から楽しさを教えられ、その後、仮面ライダーエグゼイドにもなったのだから、まさに必然だったのだと思います。その必然をありがたく受け取って“風”に乗りたいなと思います。めちゃくちゃかっこつけちゃいました(笑)!

盟友・西銘駿さんとの共演作 あらゆる世代の“生きる糧”に

飯島寛騎

――2月11日に公開された映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降(あふり)Days~』(川野浩司監督)についてもお話を聞かせてください。夢に破れた10人の若者たちが、共同生活を送りつつラジオ局を立ち上げるというエネルギーに満ちた作品です。『仮面ライダー』シリーズや映画『愛唄 -約束のナクヒト-』など共演機会の多い西銘駿さんとの撮影はいかがでしたか?

初めて共演する人だと「こういうの苦手なのかな」みたいなことや、普段の言葉づかいも考えちゃう。だけど西銘くんとは、そういう“探り”のようなものは互いになかったですね。必要以上に気を使う必要がなかったのはとても良かったです。                       

(左から)西銘駿さん、飯島寛騎さん

――信頼関係を築いている2人ですが、改めて共演して西銘さんに「成長したな」と感じた部分はありますか?

西銘は良い意味で変わらない。年を重ね経験をいろいろ積む中で、やっぱり人として変わっていくだろうし、多分僕も10代の頃と比べれば変わっていると思います。そうした中で良い意味でブレずに自分の真っ直ぐとした芯を通せているのは、やっぱり西銘にしかできないことなのかな。そこは僕にはできないから、すごいなと感じています。

飯島寛騎

――本作ではイッセー尾形さんが出演するシーンも印象的でした。共演されてみていかがでしたか。

背面の芝居というか、背中を見せているのに前を向いているのと変わらない存在感はすごかったです。普通なら全部セリフを言ってから背中を向けるのに、言い終える間際にもう後ろを向いているというのは、僕が言うのもおこがましいですが、素晴らしいなと思いましたね。

飯島寛騎

――ラジオを舞台にした作品とあって懐かしいJ-POPの楽曲もたくさん登場します。お二人もカバーして歌っていますが、特にお気に入りの曲はありますか?

全員で歌った『イージュー★ライダー』(奥田民生)ですね。今の時代に合った歌い方で、映像がいい感じにマッチしていると感じました。曲のチョイスも監督がやっていたので、監督のセンスは素敵ですね。人によって観方が変わるだろうし、往年のJ-POPとすごく良いマッチングだと思います。

飯島寛騎

――今作を観るうえで特に注目してほしいポイントをお願いします。

青春は10代という印象が強いですが、別に30代でも40代でも青春には変わりはないと思います。各々の代の青春を駆け抜けていくストーリーは爽快感もありますし、年配の世代の人からしたら「若いやつ頑張っているな」となるだろうし、若い世代の人は「年上のお兄ちゃんたちが頑張っているから、僕たち私たちも頑張ろうかな」という、そんな糧になるのではと思います。

プロフィール

飯島寛騎

飯島寛騎(いいじま・ひろき)

1996年8月16日生まれ、北海道出身。B型。男劇団 青山表参道Xのメンバー。2015年11月、『第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞。これまで『仮面ライダーエグゼイド』主演や、ドラマ『マイラブ・マイベイカー』、『チャンネルはそのまま』、映画『愛唄 -約束のナクヒト-』などに出演している。公開待機作には、映画『ブレイブ-群青戦記-』、『未来へのかたち』などがある。

作品情報

『ツナガレラジオ~僕らの雨降(あふり)Days~』

映画・ドラマ・舞台で大活躍中の、イケメン若手俳優によるwebラジオ番組オールナイトニッポンi『おしゃべや』。番組パーソナリティ10名による人気プログラムがスタジオを飛び出し、オリジナルストーリーで映画化。夢に破れた10名の若者が自分自身を取り戻すべく、”雨降山”へ集う。ラジオにかける彼らの思いは、人々を「ツナグ」ことができるのか――!? 往年のJ-POPヒット楽曲カバーに乗せ、彼らの共同生活が今、始まる。

PICK UP

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS