伊藤万理華の「マイ・フェイバリット・ミュージック」 椎名林檎、PUNPEE、宮本浩次など心から愛する音楽たち

伊藤万理華

クラシックやジャズからロック、K-POPまで幅広く愛し、聴く音楽ジャンルを「決めつけていない」という伊藤万理華さん。今年初めには自身2度目の個展を開催したほか、11月には生配信される舞台で主演を務めるなど多方面で活躍しています。そんな彼女が心から愛するのが音楽。そこで伊藤さんに「これは外せない」「ヘビロテしている」という曲やアーティストを選んでもらい、魅力をたっぷり語っていただきました。

撮影:田中達晃/Pash 取材・文:遠藤政樹
衣装協力:KOTONA スタイリスト:和田ミリ ヘアメイク:高橋稚奈
記事制作:オリコンNewS

バレエの影響でクラシックに馴染んだ幼少期。初めて買ったCDは『ハイスクール・ミュージカル』

伊藤万理華

――普段から音楽に親しみ、音楽に対する深い愛情が感じられますが、音楽との出合いを教えてください。

小さい頃からクラシックバレエをやっていたので、クラシックは自然と聴いていました。それと、お母さんがジャズ好きなので私も聴いていて、当時ぴったりハマったのがそういったジャンルの音楽でした。アーティストで誰が好きというのはあまりなかったです。

――バレエからの影響もあるのですね。初めて自分で買ったCDは覚えていますか?

自分がほしいと思って買ったのは『ハイスクール・ミュージカル』です。

伊藤万理華

――2006年からアメリカで放送された、ミュージカルをテーマにした学園ドラマですね。海外ドラマのサウンドトラックというのは意外です。どんなきっかけがあったのでしょうか。

ドラマ『ハイスクール・ミュージカル』が大好きで。その時期にバレエをやっていたこともあり、踊ることが好きだったので、学校から帰ってすぐにDVDをセットして、好きな曲のシーンに合わせて踊っていました(笑)。

もっと小さい頃には、親にモーニング娘。さんとかSMAPさんの『世界に一つだけの花』などを買ってもらっていましたが、特に自分がほしいと思ってCDを買ったのは、『ハイスクール・ミュージカル』が初めてかもしれないです。

伊藤万理華

――そうなると、『ハイスクール・ミュージカル』のサントラが伊藤さんにとっての音楽的な“自我”の芽生えと言えそうですね。

たしかに! バレエを4歳からやっていたので踊ることは身近でしたが、バレエとは違ったジャンルで「踊りたい」とか「この曲いい」と思うようになったのは、その頃だと思います。

伊藤万理華

――ところで、普段はどのようにして音楽を聴かれるのでしょうか。

基本的には気に入ったアルバムを流しっぱなしにして聴くことが多いです。コロナ禍で状況が変わってからは、自分にぴったりハマる音楽を見つけて、お風呂の中でずっとループして聴いています。

気になったアーティストがいるとアルバムで聴くのが“万理華流”

伊藤万理華

――それでは伊藤さんにとって「欠かせない」「ヘビロテしている」というアーティストや楽曲を聞いていこうと思います。まずは最近よく聴いているものを教えてください。                      

『MODERN TIMES』(PUNPEE/2017年)

PUNPEE『MODERN TIMES』SUMMIT、2017

PUNPEE『MODERN TIMES』SUMMIT、2017年 Amazon

ラッパー、トラックメーカーとして活動し、バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』のオープニング曲などでも知られるPUNPEEの1stアルバム。「2057年の自分が40年前に発表した作品を振り返る」という形式をとり、ポップでエッジが効いた曲がそろっている。

『The Sofakingdom』(PUNPEE/2020年)

PUNPEE『夢追人 feat. KREVA』

『MODERN TIMES』以来のソロアルバム。KREVAがフィーチャリングで参加している『夢追人』や、実弟の5lackが客演している『Wonder Wall』などが収録されている。

伊藤万理華

PUNPEE(パンピー)さんのアルバム『MODERN TIMES』と『The Sofakingdom』はものすごく聴いています(笑)。コロナ禍になる前に映画の撮影をしていたのですが、監督がPUNPEEさんの曲にインスピレーションされているというのを聞いて。それまでも存在はもちろん知っていましたが、それをきっかけにじっくり聴くようになりました。

やっぱり作品に入る時は音楽を聴いて(テンションを)上げたくて、その一環でPUNPEEさんを聴いているうちにとってもハマりました。ステイホーム中も気持ちを上げたいと思った時は、PUNPEEさんの曲をよく聴いていました。

――アルバム収録曲の中でも特にお気に入りのものはありますか。

どれも好きですが、『タイムマシーンにのって』(『MODERN TIMES』収録)がすごく好きで、ずっと聴いています。

伊藤万理華

――時間をテーマにした歌詞が、ストレートに心に響いてくるのが素敵ですね。節回しも声も個性的で、クセになります。

ラップは「聴く人は聴く」のような勝手なイメージがあったのですが、PUNPEEさんの曲は全部歌詞が入りやすいし聴きやすい。覚えるまで聴いていたので、もう歌えます。こういう状況なのでカラオケはなかなか行けませんが、行けるようになったら、一人でずっと歌っていると思います(笑)。

『The Sofakingdom』もどの曲も好きですが、『GIZMO(Future Foundation)』です。基本的にはアルバム全曲を通しで聴いているので、選ぶのが難しいです。

伊藤万理華

――アルバムの“箱押し”ですね。『GIZMO』はリズムがそれほど速くないのに疾走感ある曲調が新鮮です。PUNPEEさん以外にも日本語ラップを聴きますか?

日本語ラップはそれほど詳しくないのですが、PUNPEEさんをきっかけにいろいろ聴きたいなと思い始めているところです。でもPUNPEEさんの曲が好きすぎて、ずっと聴いてしまいます。

8月の配信ライブもとっても感動しました。ライブハウスで、映像を取り入れた感じがめちゃめちゃカッコいい。すごくハマっています。

伊藤万理華

――それでは、続いてのアーティスト、楽曲をお願いします。

『宮本、独歩。』(宮本浩次/2020年)

宮本浩次『宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤DVD付)』Universal Music、2020年

宮本浩次『宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤DVD付)』Universal Music、2020年 Amazon

ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカル&ギターで、2019年からはソロとしても活動している宮本浩次さん、初のソロアルバム。椎名林檎さんとのコラボ曲『獣ゆく細道』や、東京スカパラダイスオーケストラとの『明日以外すべて燃やせ』、ソロデビュー曲『冬の花』などを収録。

PUNPEEさん以外で最近聴いているのがミヤジさん(宮本浩次さん)のアルバム『宮本、独歩。』。特に『ハレルヤ』は良い曲だなと思います。

宮本浩次『ハレルヤ』

――おお。宮本さんとは、また意外ですね。男っぽいというか骨太系の曲も聴かれるのですね。

多分ミヤジさんと同じ年代の男性の気持ちを歌っているのかなと思いますし、何で自分にこんなに響くのかはわからないですが、すごく好きです。ずっと好きな椎名林檎さんとミヤジさんがコラボした曲『獣ゆく細道』も、大好きすぎて覚えるぐらい聴きました。

MVも好きですし、林檎さんは誰とコラボしたらお互いの良さや新しい面が引き出せるかをよく見ていらっしゃるというイメージがあります。林檎さんのライブを見に行った時、サプライズでミヤジさんが出てきて「うわ~! やったあ!」とテンションが上がったのを覚えています(笑)。

伊藤万理華

――2018年に開催されたアリーナツアー「椎名林檎 (生)林檎博'18  ―不惑の余裕―」のさいたまスーパーアリーナ公演ですね。

そうです、行きました! それがきっかけかもしれないですが、ミヤジさんのこのアルバムは本当に好きで、最近ずっと聴いています。

椎名林檎と宮本浩次『獣ゆく細道』

――そんな大好きな『獣ゆく細道』も収録されていますが、アルバムの中で上がる曲を強いて挙げるなら…?

え~……『きみに会いたい -Dance with you-』『Do you remember?』も好きですし、『昇る太陽』も好き。本当になんでこんな響くのかびっくりしますが、全部好きです。全部というと「どれだよ」って言われちゃいそうですけど(笑)。

乃木坂46卒業後にハマったK-POP

伊藤万理華

――他に気になっているジャンルやアーティスト、楽曲などがあれば教えてください。

K-POPは3年ぐらい前からとても聴いています。いろいろ語ったら止まらない(笑)。

グループ卒業後、いろんなジャンルの音楽を聴くようになりました。その中でもBTSさんやTWICEさん、IU(アイユー)さん、BOYCOLD(ボーイコールド)さんなどをよく聴きます。

――名前が挙がった中で特によく聴くものは何でしょうか?

BTSの『MAP OF THE SOUL : 7』でしょうか。                        

『MAP OF THE SOUL : 7』(BTS/2020年)

BTS『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~(初回限定盤B DVD付)』Universal Music、2020年

BTS『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~(初回限定盤B DVD付)』Universal Music、2020年  Amazon

2013年にデビューし、世界中で活躍している人気グループの4枚目のオリジナルアルバム。タイトルにつけられた「7」という数字は、メンバーの人数やデビューしてからの年数を指し、これまでの歩みを象徴するような内容となっている。

このアルバムは、2020年にリリースされたばかりですが、すごくすごくループしていました。詳しいわけではありませんが、結成7周年の節目に作成されたアルバムで、1曲目から最後の曲まで一つ一つの曲にストーリーが作られている。韓国語は全然わからないので和訳を調べて知りたいと思うぐらい、アーティストの想いがにじみ出ている印象を受けます。本人たちが制作に携わっているからより響くというか。そういう意味で本当にすごいアルバムだなと感じています。

伊藤万理華

――制作の背景や作り手の想いなど、深く分析しながら音楽を楽しまれているのですね。では、お気に入りの曲を選ぶとしたらどれでしょうか?

全部好きだけど、今までの歴史を振り返っての集大成の曲がきっと『We are Bulletproof : the Eternal』かと思うので、選ぶとしたらこの曲でしょうか。

BTS『We are Bulletproof : the Eternal』

それとこのアルバムには入っていないのですが、メンバーのJ-HOPEさんの『Chicken Noodle Soup (feat. Becky G)』も大好きで上がる曲の一つです。ダンスもMVもとてもカッコいいし大好きです。

J-HOPE(BTS)『Chicken Noodle Soup(feat. Becky G)』

――他にも何人かK-POPアーティストの名前が挙がっていましたが「これだ!」という曲はありますか。

TWICEさんの『Feel Special』は感動して泣きました。J.Y. Parkさんが作られた曲で、いろんな想いがあるのを感じられて、毎日聴いています。

『Feel Special』(TWICE/2019年)

TWICE『Feel Special』

人気女性K-POPグループの日本での2枚目のアルバム『&TWICE』の収録曲。元気で可愛らしいイメージから一転、大人っぽい曲調や深く温かい愛を歌った歌詞が印象的な曲。

伊藤万理華

伊藤万理華

――TWICEの変化を感じられる曲で、たしかに素敵な曲ですね。それにしても本当に幅広い!

自分がアイドルだった時は作詞されたものを自分の中で昇華して表現する形でした。何かを人に伝えたいと思ったら、自分の場合は個展のように作品にして昇華しますが、歌詞を書いたことがないので音楽を作る人をリスペクトしています。作っている人の気持ちがわかるというのは、いいですよね。

リスペクトしてやまない椎名林檎との“出合い”は、「テレビの前で思わず正座」

伊藤万理華

――ここまでは最近よく聴いているアーティストが中心でしたが、以前から継続して聴いているアーティストや曲があれば教えてください。

『Star Honey』(APOGEE/2009年)

APOGEE『Star Honey』

シンセ&グルーブを効かせたサウンドが魅力のロックバンドの3rdアルバム『夢幻タワー』収録曲。イントロの軽やかなアコースティックギターの音色が心地いいアップテンポのナンバーがアルバムのオープニングにふさわしい。

昔からで言うとAPOGEE(アポジー)さん。乃木坂のデビュー当時に映像作品を作ってもらった時に、挿入歌でボーカルの方が歌ってくださって。それをきっかけにずっと聴いています。どの曲も良いですが、なかでも『Star Honey』が好きです。

伊藤万理華

――曲調や楽曲などグッと響いてくるポイントはどのあたりでしょうか。

メロディーがすごく好きです。曲に出合ったのが15歳で、その頃はこういう曲が好きという明確なものはあまりなかったのですが、APOGEEさんを知って、そこからいろいろ掘るようになりました。

伊藤万理華

――中盤にあふれ出すようなメロディーの潮流は高揚感があって良いですね。続いてのアーティスト、曲をお願いします。

『人生は夢だらけ』(椎名林檎/2017年)

椎名林檎『人生は夢だらけ』

シンガーソングライター・椎名林檎さんの2作目のセルフカバーアルバム『逆輸入 ~航空局~』に収録。もともとは高畑充希さんが歌うCMソングとして提供され、その後曲・歌詞ともにアレンジしセルフカバーした。

椎名林檎さんの曲はいつも聴いていて、なかでもよく聴いているのは『人生は夢だらけ』。あまり言葉にできないのが申し訳ないのですが、すごい曲で素晴らしく大好きです。なんというか、聴いていて心が震えます。

以前、林檎さんがインタビューで、“忙しいお母さんに向けて作った曲、家事をしている時に聴いてほしい”とおっしゃっているのを目にしたのですが、お母さんでもない私でさえ、つらい時に聴くと「人生楽しみたい」「夢を持っていい」、歌詞そのままに朝に聴くのもいいし夜の帰り道を歩いている時でも、自分が1人でいる時に聴きたい曲。誰にも見られずに踊りながら聴きたいです(笑)。

伊藤万理華

――伊藤さんが踊りながら聴いているのを想像すると可愛らしいですね。たしかに「私の人生 誰のものでもない」という歌詞は、男女問わず胸を打つフレーズで、自分も人生の主人公だと思わせてくれます。

そうなんです! 林檎さんの曲が好きな理由は、ビジュアルもライブの演出ももちろんなのですが、聴くと「主人公になれる」と思える部分は大きいです。それってすごいパワーですし、そういう曲を毎回作りだしていることに、すごく憧れています。

伊藤万理華

――引き出しの多さは圧巻ですよね。伊藤さんは以前から椎名さんのことをリスペクトされているそうですが、「東京事変」も含め、一番聴いたアルバム、曲はどれですか?                            

『カーネーション』(椎名林檎/2011年)

椎名林檎『カーネーション』

12枚目のシングル曲で、NHK連続テレビ小説『カーネーション』主題歌として書き下ろされた。ちなみに、歌詞中に「カーネーション」というフレーズは登場しない。

『女の子は誰でも』(東京事変/2011年)

東京事変『女の子は誰でも』

椎名林檎、亀田誠治らが所属するロックバンド。2012年の解散前に発表された、当時の最終シングル『空が鳴っている/女の子は誰でも』の収録曲。バンドは2020年の元旦に再始動が宣言された。

伊藤万理華

私が林檎さんに出合ったのは、紅白歌合戦に林檎さんが初出場された時です。当時アイドルとして自分たちが目指す場所は紅白と意識して観ていたのですが、『カーネーション』『女の子は誰でも』をメドレーで歌っている姿を観て、テレビの前で感動したのを覚えています。

エンターテインメントに自分がすごく元気をもらっていることを実感し、音楽って素晴らしいなと思えたので、とても思い入れがありますね。画面の前で正座して観たぐらい、すごいパワーを感じました。

伊藤万理華

伊藤万理華

――テレビの前で正座というのは、なかなかの衝撃。そういった体験があるからこそ、椎名さんへの尊敬や愛情が強いのかもしれませんね。

自分が得意なものや好きなものがはっきりしたのが、ちょうど15歳の乃木坂に入ったぐらいの時期でした。そんな多感な時期に林檎さんの音楽に出合ったので、一気に憧れました。

音楽は癒やし。エンタメを提供する側としての自覚も

伊藤万理華

――伊藤さんにとって最大、最強のアーティストが出た感じもしますが、他に聴いているアーティストや曲などがあれば教えてください。

『ファンファーレと熱狂』(andymori/2010年)

andymori『ファンファーレと熱狂』Youth Records、2010年

andymori『ファンファーレと熱狂』Youth Records、2010年 Amazon

2007年に結成され、2014年に解散した3人組ロックバンドの2ndアルバム。

グループ(乃木坂46)に入ってから出合ったandymori(アンディモリ)さんはよく聴いていました。『ファンファーレと熱狂』や、他にもサカナクションさんなど気に入ったアーティストのアルバムをミックスしてずっと流していました。

曲が流れたら歌えるくらいずっと聴いています。ステイホーム期間中にも、いっぱい聴いたりお風呂で歌ったりしていました(笑)

伊藤万理華

――そんな伊藤さんにとって、ステイホーム期間中はやはり音楽が癒やしでしたか?

音楽にもハマりつつ配信のドラマを観たりして、映像や音楽に助けられました。

ただ根本宗子さんのオンライン芝居『超、リモートねもしゅー』を観た時に、エンターテイメントの素晴らしさを改めて強く感じて、そこから自分でもいろいろやってみようと思いました。それが音楽なのかはわからないですけど、自分も届けられる側の立場にいるのだから、私もいろいろやってみたいと思っています。

あと自粛期間と言えば、原田知世さんの『時をかける少女』を聴き出しました。期間中に原田さん主演の映画を観て感動したのがきっかけで、今でもこんなに響く映像は素敵だなと思うし、お話としてもその時期の自分にはすごく刺さり、とても泣きました。音楽も含めて特別な作品になりました。

伊藤万理華

――本当に多彩なジャンルを聴かれていて驚かされます(笑)。伊藤さんの良い意味で真っ直ぐではない音楽遍歴が、とても興味深いです。

自分のことながら振り幅が大きいなと思いました(笑)。

 

スペシャル動画

 

プロフィール

伊藤万理華

伊藤万理華(いとう・まりか)

2017年、乃木坂46を卒業し女優として活動する一方、雑誌『装苑』での連載、PARCO展を2度開催するなど、クリエイターとしての才能も発揮。2020年10月にはパルコ劇場初の配信演劇『仮面夫婦の鑑』朗読編に出演。同月開催の東京国際映画祭で主演映画『サマーフィルムにのって』が特別招待作品にエントリーされるなど多岐に渡り活動中。

 

出演情報

月刊『根本宗子』第18号「もっとも大いなる愛へ」

配信日時

2020年11月4日(水)19:00~
2020年11月5日(木)19:00~
2020年11月6日(金)19:00~
2020年11月7日(土)19:00~
2020年11月8日(日)13:00~

月刊「根本宗子」のチケット情報 - イープラス

出演者

伊藤万理華 / 藤松祥子 / 小日向星一 / 安川まり / riko / 根本宗子(映像出演) / 大森靖子(映像出演) ※7日のみ大森靖子が生出演。

 

■関連記事■

 

 

 

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS