日向坂46 小坂菜緒が愛する“あだち充作品&キャラクター”ベスト3 『クロスゲーム』で考えた「本当の“好き”って何?」

小坂菜緒

『Seventeen』専属モデルや俳優など、幅広い分野で活躍する日向坂46の小坂菜緒さん。読書や漫画が大好きで特にあだち充作品の大ファンだと公言する彼女は、ただ作品を楽しむだけでなく、過去にスポーツをやっていた時期や、現在アイドルとして活動をするうえで、キャラクターたちを自分に重ね合わせ、ときには励まされることもあるとか。

今回は、好きな作品やキャラクターの魅力について解説してもらうと同時に、あだち充作品を読んだ経験が活かされたという映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月18日公開)の撮影現場の舞台裏についても語ってもらいました。

※物語の内容に触れる描写がありますのでご注意ください

撮影:田中達晃(Pash) 取材・文:森ユースケ
記事制作:オリコンNewS

甲子園に熱中なのは、あだち充作品がきっかけだった

小坂菜緒

――ブログなどであだち充作品が好きだとおっしゃっていますが、読み始めたきっかけを教えてください。

小さい頃からお兄ちゃんがスポーツをやっていたので、家族で試合を見に行くことが多かったんです。その影響でスポーツ漫画をいろいろと読んでいて、小学校3年生の頃にお父さんの本棚にあった『クロスゲーム』を手に取ったことがきっかけで野球漫画をどんどん読むようになりました。

――以前、甲子園のトーナメント表について、注目校をいくつも挙げながら熱く語っていましたよね。他の話題よりも口数が多くテンションが高かったのが印象的でした。

そうでしたね、恥ずかしい(笑)。あだち先生の作品がきっかけで高校野球をよく見るようになりました。全国大会がある時期には配信アプリで全国各地の予選から結果をチェックしているし、テレビで中継がある試合は、なるべく見るようにしています。今年の春のセンバツは、東海大相模が強いんじゃないかな~と思って見ていたら、結果的に優勝だったのでびっくりしました。特定の学校を応援しているわけじゃないんですけど、やっぱり地元である大阪の学校が勝ち残っているときは「応援しなきゃ!」って気持ちになります。

――今回はあだち充作品について語ってもらいますが、ベスト3を挙げるならどの作品ですか?

迷うんですけど、いちばん好きなのはやっぱり『クロスゲーム』かな。2番は……難しい……。うーん……。

――絞るのが難しければ、今日の気分で決めちゃってください!

迷うけど『KATSU!』『虹色とうがらし』です。

――続いて、好きなキャラベスト3は?

これも悩みますね……。1位は『クロスゲーム』樹多村光(きたむら・こう)、2位は『MIX』の立花走一郎(たちばな・そういちろう)、3位は『タッチ』の浅倉南(あさくら・みなみ)です。

恋愛要素強めの『クロスゲーム』で考えた、「本当の“好き”って何?」   

小坂菜緒

――ではここから、それぞれの作品やキャラクターの魅力について語ってもらいます。まずは作品とキャラで1位だった『クロスゲーム』と主人公の光について、お願いします。

光(左)と若葉。あだち充『クロスゲーム(1)』小学館、2005年 

光(左)と若葉。あだち充『クロスゲーム(1)』小学館、2005年 Amazon

『クロスゲーム』

『週刊少年サンデー』(小学館)で2005-10年に連載され、2009-10年にアニメ化もされた野球漫画。

スポーツ用品店の息子・樹多村光と、家族ぐるみの付き合いをしているのが、近所でバッティングセンターを営む月島家。月島家は四姉妹で、光は次女の若葉とは大の仲良しで両思いだが、三女の青葉とは犬猿の仲。野球に興味のない光だったが、あるきっかけから仲間とともに甲子園を目指すようになる。

この漫画は、あだち先生のスポーツ作品のなかでは恋愛要素が強めなほうだと思うんです。主人公の樹多村光と幼馴染で、相思相愛だった月島若葉(つきしま・わかば)が序盤で亡くなってしまい、光はずっと彼女のことを忘れられないまま過ごしていくんですね。

若葉が亡くなった後、光は誰ともデートをしたことがなくて、それを察した若葉のお姉ちゃんの一葉(いちよう)が「コウちゃんのいいとこを本当にわかってくれる相手だったら、若葉は怒らないよぜったいに……」って言ってくれるんです。それでもすんなりと変わることはできなくて。   

あだち充『クロスゲーム(4)』小学館、2006年

あだち充『クロスゲーム(4)』小学館、2006年 Amazon

特に好きなのが、若葉とそっくりなキャラクター・滝川あかね(たきがわ・あかね)が出てくるところ。光は若葉のことをずっと引きずったままだったけど、若葉に似てるからって理由であかねも好きだっていうのは違うんじゃないか、自分が本当に好きな人って、誰だろう? って改めて考える瞬間が来るんです。

もし自分が同じ立場になったとして、大好きだった子に見た目も性格もそっくりな人が現れたら、どうしても気になっちゃうよなって思うから、本当の「好き」ってどういうことなんだろうって考えさせられました。

野球の要素も面白いんですけど、それが恋愛関係に深く関わってくるのが『クロスゲーム』の面白いところだと思います。

――続いて、『KATSU!』の魅力について、お願いします。

主人公の活樹。あだち充『KATSU!(1)』小学館、2002年

主人公の活樹。あだち充『KATSU!(1)』小学館、2002年 Amazon

『KATSU(カツ)!』

『週刊少年サンデー』(小学館)にて2001-05年に連載。あだち充が初めてボクシングを作品の主軸にした作品。高校生の里山活樹(さとやま・かつき)と、同じクラスで、天才的なボクシングテクニックを持つ少女・水谷香月(みずたに・かつき)。香月に近づきたい一心で、活樹と、その友人の京太は香月の父が経営するボクシングジムに入会する。ふたりの“かつき”とボクシングをめぐり、物語が展開していく。

ボクシングについてあんまり知らなかったので、どんな競技なんだろう? って興味本位で読み始めました。体と体をぶつけ合う種目だからこそ、いままで読んできたスポーツ漫画と比べて、熱意がストレートに伝わってくる作品だなと感じました。悔しい、うれしい、壁にぶち当たるっていう感触が、リアルに胸に届くというか。

漫画の中に、壁にぶち当たったときに、仲間に支えられて、努力して……っていう描写があると、自分も頑張らなきゃって思えるので、自分に重ね合わせて読むことも多かったです。小学校で水泳、中学でバレーボールをやっていた時期は、特にそういう読み方をしていたと思います。

「日向坂のセンター」と「野球のエース」を重ねて 壁にぶつかって感じた親近感

小坂菜緒

――壁にぶつかる経験でいうと、日向坂46でセンターになったこともそのひとつでしょうか。あだち充作品では、自ら望んでエースになりたいわけじゃない、自分のためじゃなく誰かのために頑張るという主人公が多いです。小坂さんも望んでセンターになりたいタイプじゃないあたり、重なる部分もあると思うのですが。

そうですね。グループのセンターってプレッシャーも大きくて、野球のエースも同じ部分があると思います。あだち先生の作品では、緊張や不安を抱えたキャラクターが、周りには言わずに自分のなかでなんとかしようとしたり、ポジションをめぐる人間の弱い部分もリアルに描かれているので、読んでいて親近感が湧くところも多いなって思います。

――3番目に挙げた『虹色とうがらし』は“SF時代劇”で、他に挙げた作品とは少し変わったテイストです。

四男の七味(上)と、長女の菜種(なたね)。あだち充『虹色とうがらし(1)』小学館、2002年 

四男の七味(上)と、長女の菜種(なたね)。あだち充『虹色とうがらし(1)』小学館、2002年 Amazon

『虹色とうがらし』

『週刊少年サンデー』(小学館)で1990-92年に連載。あだち充が描く、「時代考証無用の時代劇」。地球の江戸によく似た町で暮らす異母兄弟たち6人に、7人目の“七味(しちみ)”が仲間入り。父親は同じで、母親はみな違う7人。そんなときに、平和だった国に突如異変が起こり始める。

地球によく似た星の江戸時代という架空の世界のお話で、斬り合いなど時代劇ならではのアクションも楽しめます。7人きょうだいの物語で、ほほえましいエピソードがたくさんあるので、元気がほしいときに読むことが多いです。

青春を感じたいときは『H2』や『MIX』、ラブコメを読みたいときは『クロスゲーム』や『タッチ』、スポーツの熱さを感じたいときは『ラフ』や『KATSU!』を読むという感じで、そのときどきの気分で読む漫画を選んでます。

『MIX』走一郎のカッコ良さ 「周りをよく見るところが似ているかも」

小坂菜緒

――好きなキャラクター2位『MIX』の立花走一郎については、どんなところが好きなんですか?

主人公の立花投馬(たちばな・とうま)と走一郎は一緒に暮らす義兄弟なんですが、このふたりの関係性を含めて好きなんです。投馬がピッチャー、走一郎がキャッチャーでバッテリーを組んでいるけど、お互いがライバルでもあって、認め合う関係がすごくいいなって思います。

走一郎はキャッチャーにとって重要な周りを見る力もあって、そこもカッコいいなって思います。中学の頃、バレーボール部で副キャプテンをやっていたとき、あんまり前に出るのが得意じゃなくて、周りを見て動きを指示する役に徹していました。その部分では自分に似てるところがあると感じたキャラクターです。

立花投馬(左)と走一郎。あだち充『MIX (7)』小学館、2015年  

立花投馬(左)と走一郎。あだち充『MIX (7)』小学館、2015年 Amazon

『MIX(ミックス)』

『ゲッサン』(小学館)にて2012年より連載中。2019年にアニメ化もされた。あだち充の代表作『タッチ』の舞台となった明青学園で、『タッチ』から約30年後の物語を描く。低迷した同学園の野球部に入った、同い年の立花投馬・走一郎の義兄弟。上杉達也らが出場して以来叶っていなかった甲子園出場を目指す物語。

――もし野球をやるとしたら、希望するポジションはキャッチャーですか?

ああ、そうかも。意外と自分に向いているんじゃないかって気がします。なにごとも効率を重視して考えるのが好きなので。試合ではバッテリーの力がとても重要だし、裏の主人公ともいえるポジションなんじゃないかと思いますね。

――3位は『タッチ』の浅倉南。80年代を代表する人気キャラクターです。

南ちゃんって、かわいくてなんでもできちゃうし、ちょっと自慢げなところがあって、女性からは妬まれることもあるキャラクターですよね。でも、野球部のマネージャーとして人を支えることや、新体操など自分のやりたいことも全力で突き進む。良い意味で諦めが悪いところがすごくカッコいいと思います。

浅倉南。あだち充『タッチ (1)』小学館、1999年 

浅倉南。あだち充『タッチ (1)』小学館、1999年 Amazon

『タッチ』

『週刊少年サンデー』で1981年-1986年に連載された、あだち充最大のヒット作。1985-87年にアニメ化もされた。双子の兄弟である上杉達也(うえすぎ・たつや)と和也(かずや)、そして幼馴染の浅倉南の3人が織りなす恋愛関係を軸に、甲子園を目指して奮闘する高校生たちの青春を描く。 

――小坂さんも、日向坂46としての活動と映画の撮影を両立させたわけですが、浅倉南という存在に励まされたこともあったのでしょうか。

自分ももっと頑張らなきゃ、負けてられないなって思わせてくれました。映画の撮影とライブのスケジュールが重なって出られなくなってしまったり、つらいこともあったけど、どちらも100%で頑張るしかない……。そんなとき、南ちゃんの姿が思い浮かびました。

グラビアでは『H2』ヒロインと共演 「お父さんも喜んでました」   

『週刊少年サンデー』2019年11月6日号、小学館、2019年

『週刊少年サンデー』2019年11月6日号、小学館、2019年 HMV&BOOKS
――2019年には『週刊少年サンデー』の巻頭グラビアで『H2』の古賀春華(こが・はるか)と共演していましたね。好きな漫画のキャラクターとの共演はいかがでしたか?

まさかの展開で、本当にびっくりでした。もちろん私もうれしかったんですが、お父さんがすごく喜んでいました(笑)。あと、応援してくださっているお父さん世代のみなさんも「懐かしい!」って喜んでくれました。

――このグラビアがきっかけでファンになった人もいるのでは?

そういう方もいましたし、ブログに「あだち充先生の作品が大好きです」って書いたことがきっかけで知ってくださった方も多いです。ファンのみなさんからお手紙が届くメッセージアプリで、「あだち充が好きなアイドルがいるって聞いて、興味を持ちました」っていう人がたくさんいらっしゃるんですよ。

『週刊少年サンデー』さんのお仕事につながったことも含めて、ブログに書いてよかったなと思います。いまは握手会の代わりにオンラインお話し会をやっているんですけど、「『クロスゲーム』のあのシーンが良いよね」ってお話しをしたり、共通の趣味があるとすごく楽しいです。

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』にもあだち充作品との共通点 「想像の参考に」

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』

――ここからは6月18日から上映が始まる『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』についてお聞きします。同作は、1998年の長野オリンピックを舞台に、金メダルを狙うスキージャンプチームを支えたテストジャンパーたちの葛藤と栄光を、実話に基づいて描いたオリジナルストーリーです。小坂さんが演じた女子高生テストジャンパー小林賀子(こばやし・よしこ)という役は、『クロスゲーム』のキャラクター・月島青葉に似ていると感じたのですが、いかがですか?

台本を読んだとき、同じことを思いました。青葉は野球が大好きで上手なのに、どれだけ頑張っても女性だからという理由で甲子園には出られない。この映画で私が演じた小林賀子も、スキージャンプが大好きでオリンピックの舞台に憧れているけど、その夢は叶わないんです。なぜなら、長野オリンピックが開催された当時はまだ男性のみが参加する種目だったから。そこでオリンピックの舞台を支えるテストジャンパーに全力を注ぐ。自分の思ったことを率直に口に出すところも、『クロスゲーム』の青葉と似てるから、心のなかを想像するうえで参考にできる部分もあったと思います。

――「やる気がないなら、帰ればいい」など他人に対しても厳しい役柄で、小坂さんの性格とはかけ離れているように感じます。普段、そんなこと言わないタイプじゃないですか?

絶対に言えないですね(笑)。だからこそ、自分では絶対にできないことをなんでもやる彼女に対して憧れのような感情もあって。役になりきるからこそできることを全力でやってみようと思って臨みました。

――最初のうちは探り探りだったと思うのですが、こうやればいいのかもしれないという感覚をつかめたと感じたシーンはありますか?

同じテストジャンパーの南川に対して「みんなの輪を乱すのは止めろ」って言うシーンがあるんですけど、普段の自分は同じことを思っても、絶対に口に出さない。南川には彼なりの事情があるのですが、私の役はそれを知らないので、勝手な行動をしてほしくないって気持ちを素直に出そうと思いました。「もし本当にこんな勝手な人がいたらムカつく!」って気持ちを込めて大声を出しました。

「私とケンカしたら、こうなるぞ」というのを見てもらいたい

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』

――普段は口に出さないぶん、溜め込んでいる感情もあるのでしょうか。

そういうこともありますけど、自分のなかで解決しちゃうタイプだから、人に対して怒ることはないです。怒ったとしても、その原因はどこにあるんだろうって追求するうちに、いつの間にか怒りの感情も消えちゃいます。だから劇中でお父さんとケンカするシーンでも、普段の自分なら思い切り感情を表現できないので、楽しんでやってみようという気持ちでした。

――過去にお父さんとケンカしたことはあるんですか?

1回もないです。家族とケンカしたことはまったくないです。なにか言われて「ムカつく!」って思っても、その原因は自分にあると思っちゃう。後でギクシャクするくらいなら止めておこうって考えたり、後先考えて行動しちゃうので、いろいろ溜め込んでいっちゃうタイプです。

だからお父さんとケンカするシーンでも、「お父さんとケンカってどういうことだろう。え、お父さんを突き飛ばすって……なにそれ、なんで?」という感じでしたね(笑)。

そのシーンの撮影現場でも躊躇しそうになったけど、「思い切りやっていいから」って言ってくださったので、「本気でいきます」と宣言して全力で突き飛ばしました。

――1テイク目からしっかり突き飛ばせましたか?

リハーサルでは、思い切りやったつもりでもまだちょっと弱かったみたいで(笑)。やっぱり、痛かったらどうしようって思っちゃったのかな。でも「痛くもかゆくもないから、もっと強く」と言ってもらって、本番ではドーン!ってやっちゃいました。

――お父さんが映画を見たら驚くかもしれませんね。

びっくりしちゃうと思います。「私とケンカしたら、こうなるぞ」ってところを見てもらいたいです(笑)。

田中圭の一言「菜緒ちゃんのやりたいようにやってみな」が背中を押してくれた

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』

――いまの話を含め、共演者には経験豊かな俳優が多いですが、撮影を通して勉強になったと感じたことはありますか?

たくさんあります。演技の経験も少ないし自信もない。物語のカギを握る役なので、現場に入ってからもずっと自分に務まるのかなって不安な気持ちがありました。

演技で悩んでいるときには、山田裕貴さんが「こうしてみたらどうか」とか、田中圭さんが「思いっきりぶつけてみたらいいんじゃないか」といったアドバイスをくださって。

それまでは自分のことだけで精一杯になっていたので、そこからどうやってシーンの形を作ればいいのかまで頭が回っていなかったけど、それを考えられる余裕を作ってくださったと感じました。そこから冷静に役のことを考えて向き合えたので、すごく勉強になったと思います。

――アドバイスを受けて、自身でも手応えを感じたシーンはありますか?

劇中で唯一、「自分はオリンピックの舞台には立てない」って弱音を吐くシーンがあるんです。小林賀子の独白を、田中圭さんが演じる西方仁也(にしかた・じんや)がずっと聞いているシーンなので、自分がその場を引っ張っていかなきゃいけない。

せりふも長くて大変だったけど、田中さんが「菜緒ちゃんのやりたいようにやってみな」って声をかけてくださったことで、小林賀子の感情としっかり向き合えました。オリンピックの選手にはなれない悔しさと、テストジャンパーとはいえオリンピックの舞台に立てるうれしさが混ざった気持ちを語ろうと思って挑みました。

誰かのせりふに合わせる受けの演技とは違って、自分が起点になるシーンで少しは手応えを得られたと思うし、すごく勉強になりました。また機会があれば演技のお仕事をやってみたいと思っていて、今後にもつながる経験ができたと思います。

プロフィール

小坂菜緒

小坂菜緒(こさか・なお)

2002年9月7日、大阪府生まれ。2017年8月に、けやき坂46の2期生メンバーとして加入。19年2月にグルーブ名が日向坂46に変わり、デビュー曲のセンターに抜てきされ、4作連続でセンターを務める。19年11月に公開された映画『恐怖人形』では、映画初出演で主演した。

作品情報

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』メインビジュアル

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』

監督:飯塚健
脚本:杉原憲明、鈴木謙一
出演:田中圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)/濱津隆之/古田新太

1998年長野オリンピック。日本スキージャンプチーム・通称“日の丸飛行隊”は国民の期待を一身に背負ってラージヒル団体で日本初の金メダルを狙っていた。
そこに、エース原田のジャンプを特別の想いで見守る男がいた。元日本代表・西方仁也だ。前回大会・リレハンメルオリンピックで西方は原田とともに代表選手として出場。
西方は日本代表最高飛距離135mを飛び、金メダル目前だったが、原田がジャンプを失敗。銀メダルに甘んじた。西方は4年後の長野オリンピックでの雪辱を誓い練習に打ち込み、代表候補として有力視されていたが、まさかの落選。悔しさに打ちひしがれる中、テストジャンパーとして長野オリンピックに参加してほしいと依頼される。
テストジャンパーとは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。西方は裏方に甘んじる屈辱を感じながらも、さまざまな思いを抱えて集まっていたテストジャンパーたちと準備に取り掛かる。そして、本番当日。団体戦の1本目のジャンプで、またしても原田が失敗。日本は4位に後退してしまう。しかも猛吹雪により競技が中断。このまま競技が終れば、1本目のジャンプの結果のみで順位が決定してしまう。そんな中、審判員たちの判断は、「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものに。奇しくも、日本の金メダルへの道は、西方率いる25人のテストジャンパーたちへ託されたのだった……! 小坂は唯一の女性テストジャンパーだった小林賀子役で出演する。

【Twitterで応募】サイン入りチェキを1名にプレゼント

小坂菜緒チェキ

インタビュー記事公開を記念して、小坂菜緒さんサイン入りチェキがFanthology!のTwitter公式アカウントのフォロー&RTで当たるキャンペーンを開催します。

【応募方法】

Fanthology!(ファンソロジー)のTwitter公式アカウントをフォローする
②プレゼント応募のツイートをRTする

【締め切り】

2021年6月24日(木)23:59 ※応募受付は終了しました

【当選発表】

当選者発表日/7月1日(木)予定
当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、編集部からTwitterのダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。
発表日までにFanthology!のTwitterアカウントのフォローを外されていると、ダイレクトメッセージが送れませんのでご注意ください。
なお、2021年7月8日(木)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。

賞品の発送について/2021年8月上旬以降を予定しております。新型コロナウイルスによる影響で、さらに発送が遅れる可能性がありますので、あらかじめご了承のうえご応募くださいませ。

【注意事項】

・複数回応募されても当選確率は上がりません。
・応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
・応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
・選出方法や当選についての個別のお問い合わせは受け付けていません。
・賞品発送先は日本国内のみです。
・賞品のデザイン・仕様は、若干異なる場合があります。
・賞品を指定することはできません。
・賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
・本キャンペーンはLINE株式会社が実施しております。
・ご入力いただいた個人情報は、賞品発送及び賞品発送に関わるご連絡のためにのみ利用いたします。
・その他の取扱いはプライバシーポリシーに従います。ご同意のうえ送信ください。

PICK UP

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS