大橋彩香をつくった5つの音楽 ロック・ダンス・声優……小学生で受けたリンキン・パーク“重低音の洗礼”

大橋彩香

『アイドルマスター シンデレラガールズ』島村卯月役、『BanG Dream!』山吹沙綾役などで知られ、12月16日には3rdアルバム『WINGS』をリリースする声優アーティストの大橋彩香さん。水野良樹さん(いきものがかり)作詞・作曲によるリード曲『START DASH』をはじめ、DECO*27さんによる『HOWL』、e-ZUKAさん(GRANRODEO)が手がけた『MASK』など、『WINGS』というタイトル通り、アーティストデビュー5周年を経て「これからさらに羽ばたいていきたい!」という強い思いを込めた作品に仕上がっています。今回のインタビューでは、そんな大橋さんが影響を受けたアーティスト5組について深掘り。アルバム『WINGS』への手ごたえを含め、“アーティスト・大橋彩香”の魅力に迫りました。

撮影:田中達晃(Pash)/取材・文:森朋之
記事制作:オリコンNewS

【凛として時雨】“唯一無二の天才”TKの世界観に憧れ「いつか曲を作ってもらいたい」

大橋彩香

――まずは大橋さんがフェイバリットとして挙げてくれたアーティストのことを聞かせてください。最初は、凛として時雨。TKさん(Vo.&Gt.)、345さん(Vo.&Ba.)、ピエール中野さん(Dr.)による鉄壁の3ピースバンドです。

大好きですね! 凛として時雨さんを聴き始めたのは、中学生のときです。きっかけは友達に教えてもらったことかな。アニメの主題歌も作られていて、カラオケで歌ったりもしてました(笑)。その頃から明るい曲よりもダークな雰囲気の曲が好きだったので、凛として時雨さんの曲の世界観が刺さったんですよね。最初に買ったCDはアルバム『just A moment』(2009年)。『JPOP Xfile』という曲が大好きで、MVも何回も観ました。

凛として時雨『JPOP Xfile』

――TKさんの作る楽曲、すごく独創的ですよね。ボーカルにも個性があるし。

そうですよね。自分がアーティスト活動をするなかで、TKさんの楽曲のような雰囲気の曲もやってみたいと思ってるんですけど、あの雰囲気はTKさん以外には出せないし、本当に唯一無二の天才ってこういう方のことを言うんだろうなって思います。いつかぜひ、曲を作ってもらいたいですね……。

ピエール中野さんも、好きなドラマーの一人に挙げさせてもらってるんですよ。めちゃくちゃ上手いのはもちろん、DJをやったり、すごくマルチな活動をされていて。『COUNTDOWN JAPAN』(音楽フェスティバル)で中野さんのDJを聴いたこともあります。私、CDのクレジットを見るのが好きなんですけど、(大橋さん自身が)アニメ系のアーティストの楽曲でドラムを叩いてることもあって。中野さんの名前を見つけると「お!」って(笑)。

【三浦大知/東方神起】「ステージを支配する力」 歌って踊れるカッコよさに開眼

大橋彩香

――中野さんの活動、幅広いですからね。続いては三浦大知さん、東方神起です。

ずっとバンドの曲ばかり聴いていて、打ち込みの曲はあまり聴いてなかったんです。でも、知り合いが「三浦大知さんのライブ、すごいよ」ってBlu-rayを貸してくれて、観てみたら本当にカッコ良くて。同時期に東方神起のライブ映像も観たんですけど、その2つの作品がきっかけで「歌って踊るって、カッコいい!」って思って、私もライブにダンスを取り入れるようになったんです。

大橋彩香

――めちゃくちゃ影響を受けてるんですね!

はい! 私の前作アルバム『PROGRESS』からEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の曲が増えたのは、そのせいです(笑)。それまでは「ダンスが増えると不安だ」って言ってたのに、いきなり「さあ、踊りますよ!」みたいになったから、ダンサーさんが「どうしたの!?」って喜んでました(笑)。三浦大知さんのライブは一つのショーみたいになっていて、そこにも影響を受けてますね。アンコールまでほとんどMCがない構成もいいなと思って、私もそういうセットリストを組んだことがあるんですけど、それをやり遂げるためには体力が必要だということがわかりました(笑)。

三浦大知『DAICHI MIURA LIVE COLORLESS / The Choice is _____』ティザー

――(笑)三浦大知さんの踊って歌う技術、すごいですからね。

どういう呼吸法を身につけてるんだろう?と思いますね。インタビューを読むと「インナーマッスルを鍛えている」とおっしゃっていて。私は外側の筋肉ばかり意識してたから、今はインナーマッスルをがんばってます(笑)。

大橋彩香

――東方神起もライブパフォーマンスに惹かれているんですか?

そうですね。大きいドームのステージを2人だけで支配できる力がすごいなって。ライブを観にいったこともあるんですけど、演出もすごいんですよ。大きなトロッコですぐ近くに来てくれたり、移動型のステージで前に進んだり、どの席も“神席”になるように気を配ってるんですよね。あとはライブ中の映像。セクションごとに映像を挟むんですけど、それがドラマみたいな仕上がりなんです。バンド紹介、ダンサー紹介にも仕掛けがあるし、フライングしたり、車に乗って出てきたり、ステージにエレベーターがあったり、ライブを観るたび「今回は何をやるんだろう!?」って。

東方神起『LIVE TOUR 2018 ~TOMORROW~』全曲ダイジェスト

大橋彩香

――ホントに細かく見てますね!

ライブのメイキング映像を観るのも好きなんですけど、「こんなに忙しいスケジュールでやってるんだ」ってビックリしたり。まったく妥協しなくて、気になるところを一つ一つ解消したうえでステージに立ってるし、スタッフさんへの気づかいもしっかりしていて。私は自分のことで精一杯になりがちだから、「いつかはこういうアーティストになりたい」って思います。

大橋彩香

来年(2021年)5月のワンマンライブは幕張メッセイベントホールだから、私もどんな演出で皆さんに楽しんでもらえるかたくさん考えたいと思います。

【リンキン・パーク】小学生時代に重低音の洗礼 ガチなロックファンの一面

大橋彩香

――続いてはリンキン・パーク。00年代のヘヴィ・ロック、ミクスチャーを代表するアメリカのバンドですね。

小学校の頃からめっちゃ聴いてたんですよ。お母さんに教えてもらったのがきっかけなんですけど、『メテオラ』(2003年)という、神曲しか入ってないアルバムがあって。学校から帰ってくると、和室に寝転がって、歌詞カードを見ながらCDデッキで聴くのが日課で。英語はぜんぜん得意じゃないんですけど、曲を聴きながら歌詞カードを目で追う技術は身についた気がします(笑)。

Linkin Park『Numb』MV

大橋彩香

――すごい小学生ですね!

(笑)。リンキン・パークはとにかくサウンドがカッコ良くて。すごく重厚だし、エモーショナルなんですよ。その頃から重低音を求めていたんでしょうね。いまもCDを聴くときはイコライザーで低音が強く出るようにセッティングするし、イヤホンを選ぶときも低音重視なので。ライブ会場で重低音が体に響く感じも大好きです。

大橋彩香

――大橋さんがドラムを叩くようになったのも、重低音好きが影響してるのかも。リンキン・パーク以外ではどんなバンドが好きなんですか?

マリリン・マンソンは聴いてましたね。あとはロストプロフェッツとか、フーバスタンク、エヴァネッセンスとか。重厚感があって、ダークなバンドが好きみたいですね。ミクスチャー系もいいですね。スリップノットとか。

大橋彩香

――ゴリゴリのロックファンですね(笑)。洋楽系のフェスも行かれたことがあるんですか?

『KNOTFEST JAPAN』『OZZFEST JAPAN』(ともにロック・フェスティバル)は行ったことあります。『OZZFEST JAPAN』は幕張だったんですけど、途中でチケットを忘れたことに気付いて、「ギャー! やばい!」って家まで取りに帰ったんですよ(笑)。アタマから見たかったのに、結局、中盤くらいからになっちゃって、すごい落ち込んだ記憶がありますね……。

大橋彩香

――目当てのバンドだけじゃなくて、全部見たいタイプなんですね。

そうですね。フェスの醍醐味って、その場で新しく好きになるバンドと出会えることだと思うんです。『COUNTDOWN JAPAN』でも、初めてライブを観て気に入ったバンドのCDを大量に買うし。フェスだとちょっとしか聴けないから、他の曲も知りたくなるんですよね。

【水樹奈々】「雲の上の存在」声優アーティストとして目指すべき姿

大橋彩香

――音楽ファンの鑑(かがみ)ですね! そして最後は水樹奈々さんを挙げていただきました。

ずっと目標にしている声優アーティストの第一人者ですね。歌手としても役者としてもトップレベルで、それをずっとキープされているのは本当にすごいことだなって。ライブも素晴らしいじゃないですか。難しい歌もしっかり歌いこなしているし、えげつないセットリストを完走して、演出もすごくて。私はまだお仕事でしっかりご一緒したことないんですけど、他の役者さんから「水樹さんは早起きして走ってるよ」「すごくアクティブなんだよ」という話を聞いて。私も体を作らなくちゃダメだと思って、トレーニングをがんばってるところです。

NANA MIZUKI 20th Anniversary MUSIC CLIP SPECIAL MOVIE

大橋彩香

――好きなアーティストから受けた影響を、すぐに行動に移すのは素晴らしいですね。水樹奈々さんはロックテイストの曲も多いですが、そこも惹かれている理由なのでは?

そうですね。ロックだけじゃなくてジャンルも幅広いし、楽曲の音域も広くて。水樹さんの曲オンリーって決めてカラオケで歌うこともあるんですけど、すごく疲弊します(笑)。バラードの説得力もすごいし……雲の上の存在ですね、やっぱり。水樹奈々さんに出会ってなければ、声優アーティストになりたいと思わなかったかもしれないし、本当に影響を受けています。

“カッコいい自分”も少しずつ……プロデュースの意識を強めた3rdアルバム

大橋彩香

――では、ニューアルバム『WINGS』について聞かせてください。ヘヴィなロックからカラフルなダンスチューンまで、前作以上にバラエティーに富んだ作品だと思いますが、大橋さんにとってはどんなアルバムになりましたか?

『WINGS』というタイトル通り、ここからさらに羽ばたいていきたいという強い意思を込めたアルバムになりましたね。アーティストデビューして今年で6年目になるんですけど、去年の5周年を経て、「ここから再スタートを切る」という意味もあって。アルバムのリード曲『START DASH』には、さらに飛躍していくんだ!という気持ちが詰まっています。

大橋彩香

――新しいことにチャレンジしたいという気持ちも?

ありましたね。デビュー当時は初々しすぎて、挑戦できなかったこともあるんですよ。たとえば、激しいロックも「いま歌っても説得力がないな」と思ったり。2ndアルバム『PROGRESS』からは挑戦したかった好きなジャンルの楽曲も増えてきて、今回の『WINGS』も「今はロックとEDMが好きで挑戦いたい!」ということが伝わる感じのアルバムになったかもしれませんね(笑)。

大橋彩香

――後で振り返ったときも楽しいですよね。

あ、そうですね。「この頃は、こういう感じの音楽が好きだったな」って思い出せるというか。そのときにしか出来ない表現をしていきたいので。『START DASH』は――リスナーの皆さんにエールを送る元気な曲――という楽曲になっているんですけど、今までのエールソングより少し大人になった立ち位置から応援している今の年齢感だからこそ表現できる楽曲になっていると思います。

大橋彩香『START DASH』Official MV

――「こういうサウンドの曲を入れたい」というアイデアも出しているんですか?

だいぶ出すようになりました。それも『PROGRESS』からですね。最初の内は、プロデューサーの方にレールを敷いていただいて、その上を歩いていた印象があったんですが、最近はかなり意見も出すようになっていって。インタビューでもいろいろ話せるようになったし、制作に参加することは大事だなって思います。

大橋彩香

――アルバムの新曲についても聞かせてください。『HOWL』はDECO*27さんの作詞・作曲によるアッパーチューンです。

もともとボカロの曲も大好きで、中学の頃は毎日「ニコニコ動画」をチェックしていたんですよ。DECO*27さんはかわいい曲からロックな曲までいろいろな楽曲を作られるんですけど、今回は「DECOさん節(ぶし)でお願いします!」という感じでした。大橋彩香のイメージに寄るというより、ボーカロイドが歌うような曲というか。実際『HOWL』は早口も盛り込まれているし、いろんな要素がある曲で。

大橋彩香

――アップテンポだし、メロディーの起伏も激しくて。

歌うのは大変でした。「やばい、呂律(ろれつ)が回らん!」って(笑)。でも、声優なのでそこは負けたくないって思って頑張りました(笑)。ダウナーなラップも入ってるし、表情がコロコロ切り替わる曲で、めちゃくちゃ楽しかったです。

大橋彩香

――e-ZUKAさん(GRANRODEO)が作曲、編曲を手がけた『MASK』はエッジの効いたロックナンバーですね。

カッコイイですよね! 私は普段、キーを高めに設定して声を張って歌うことが多いんですけど、『MASK』はわりとキーが低めで、ちょっと力を抜いて、斜に構えて歌ってるようなイメージで。低音を安定させるのは難しかったんですけど、新しい姿を見てもらえるかなって。とにかくオケがカッコいいんですよ、この曲。ギターもベースもドラムも神がかっていて、「これに負けないように歌わなきゃ!」って手に汗握りました(笑)。

大橋彩香

――新しい挑戦が詰まった『WINGS』を作り上げたことで、この先の目標も見えてきたのでは?

カッコいい自分を表現するのは難しいですよね、やっぱり。まだちょっと照れがあるというか……。「明るく元気!」は得意なんですけど、陰の部分にも説得力を持たせたいなって。

大橋彩香

――得意なことは活かしつつ、表現の幅も広げたいと。

はい。ファンの方は“明るく元気な大橋彩香”を好きでいてくれると思うので、そこはしっかり大事にしつつ、カッコいい表現も伸ばしていきたいなって。それをみなさんに定期的に見てほしいです。

――バランスよくご自身のことを見られてますね。

客観的に見ているところはあるかも。ファンのみなさんの意見もけっこうチェックしていて、「この意見は取り入れたほうがいいかな」みたいなことを考えてます。

大橋彩香

――参考にすることもあるんですね。

もちろん。「自分がやりたいことをやる」という考え方もいいと思うんですけど、私はどちらかというと、みんなのために歌いたいタイプなので。みなさんの意見、しっかり見てますよ!(笑)

 

スペシャル動画

 

プロフィール

大橋彩香

大橋彩香(おおはし・あやか)

1994年9月13日生まれ、東京都出身。アニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』島村卯月役、『BanG Dream!』山吹沙綾役、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』秋野かえで役、『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』ユ・ミラ役 などを務める。2014年にソロアーティストとしてもデビューし、2021年5月1日には千葉・幕張メッセイベントホールで自身初のアリーナ公演が控えている。

 

作品情報

初回限定盤ジャケット

大橋彩香 3rdアルバム『WINGS』(2020年12月16日発売)
リード曲にはいきものがかり水野良樹氏の提供楽曲である『START DASH』を収録。その他、DECO*27氏、e-ZUKA氏(GRANRODEO)による提供楽曲など全12曲入り。タイトルの通り、昨年のデビュー5周年を経てさらに羽ばたいていく大橋彩香を表現したアルバムとなっている。

 

PICK UP

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS