【Vol.2】編集部が選ぶ『月とオオカミちゃんには騙されない』胸キュンできる名シーン

『月とオオカミちゃんには騙されない』(C)AbemaTV

今年1月からAbemaTVで放送中の恋愛リアリティー番組『月とオオカミちゃんには騙されない』。シリーズ最多11人(女性6人・男性5人)の出演者が集う今シーズン、いくつもの恋が交錯し、手に汗握るストーリーが展開されています。

今回は第5話、女性メンバーが気になる男性メンバーへ「自分はオオカミちゃん(=好きでもないのに好きなフリをする嘘つき)ではない」と宣言する運命の“中間告白”からの名シーンを一挙振り返り。脱落者発表のカウントダウンは確実に進み、出演者たちの思いを突き動かしていきます。※本編の内容に触れる描写がありますのでご注意ください

【#5:これが散りゆく運命ならば】

ヒナ(C)AbemaTV

ヒナ(C)AbemaTV
―中間告白……ヒナが下した決断―

ヒナ(C)AbemaTV

ヒナ(C)AbemaTV

過去シリーズにも増して多くの名場面が生まれた今シーズンの中間告白。感動的なシーンばかりでしたが、ここではヒナをめぐって起きたドラマについて振り返りたいと思います。

ヒナを江ノ島デートに誘ったコア(左)(C)AbemaTV

ヒナを江ノ島デートに誘ったコア(左)(C)AbemaTV

コアとのデート中、ヒナにしょうたろうから「月LINE」が届く(C)AbemaTV

コアとのデート中、ヒナにしょうたろうから「月LINE」が届く(C)AbemaTV

ヒナは「月LINE」(メンバー全員に公開される「太陽LINE」に対し、「月LINE」は送った相手にだけ内容が公開され、2人きりでの密会が可能となる)をもらったコアとデート。しかし、その最中にしょうたろうからもヒナへの「月LINE」が……。その後、2人で海を訪れ砂浜に腰を下ろすと、コアはついに「好きなんだなって思ったの。正直にね」とヒナへ告白。誠実に思いを伝えたコアに対し、ヒナも「正直に話すと、すごく大事な仲間みたいになってて。恋愛対象ではいられなかったかな」と素直な気持ちを明かします。

海でヒナに気持ちを告げるコア(左)(C)AbemaTV

海でヒナに気持ちを告げるコア(左)(C)AbemaTV

事実上フラれた形のコアですが、それでも「俺が絶対イヤなのは、ヒナが脱落することだけ」と思いやり、ヒナにお守りを渡します。「ヒナが(オオカミちゃんだと)疑われる状況にしてるのも俺らだから。それで落ちたら俺らも悔しい」と、ヒナの残留はルークとしょうたろうの願いでもあることを伝えます。こんな時でも周囲を気遣うコアの人間性にふれ、ヒナも号泣。「本当にありがとう」とコアに告げ、しょうたろうとのデートへ向かっていきました。

しょうたろうとデートするヒナ(左)(C)AbemaTV

しょうたろうとデートするヒナ(左)(C)AbemaTV

中間告白の呼び出しを待つ(左から)コア、しょうたろう(C)AbemaTV

中間告白の呼び出しを待つ(左から)コア、しょうたろう(C)AbemaTV

そして、運命の中間告白。大方の予想を裏切りヒナが告白したのは……コアでした。
ヒナは「コアが伝えてくれた思い、言葉の一つひとつが本当にうれしかった。(オオカミちゃんだと)疑われてもいいから気持ちに正直になろうと思えたのは、コアが誰よりもまっすぐ気持ちを伝えてくれたから」と涙ながらに言葉を紡ぎます。最後はヒナとコア、互いに固く抱きしめあい、中間告白のクライマックスを飾ったのでした。

中間告白でコアを呼び出したヒナ(C)AbemaTV

中間告白でコアを呼び出したヒナ(C)AbemaTV

【#6:誰もが秘密を抱えている…】

第6話より(左から)あずさ、りこ(C)AbemaTV

第6話より(左から)あずさ、りこ(C)AbemaTV
―ななか&りおんの勇気―

ななか(C)AbemaTV

ななか(C)AbemaTV

衝撃の中間告白を終え、11人それぞれの思いは大きく変化。特に、これまで積極的に行動しきれなかった2人が新たな恋へと踏み出します。

しょうたろう(C)AbemaTV

しょうたろう(C)AbemaTV

中間告白でりょうすけに思いが届かなかった、ななか。しょうたろうを作業に誘うと、「最初、りょうすけ君としょうたろう君で迷ってたのね」と切り出し、周囲への気兼ねでしょうたろうにもアプローチできなかったことを告白します。ななかの本心を知り、「やば……。俺、鈍感すぎだわ」と驚きを隠せないしょうたろう。さらに「(しょうたろうと)話していくと“こういうとこいいな”とか思うようになった。なんか恥ずかしいね……。緊張して手汗がやばい」とグイグイ迫るななかの勇気が胸を打ちます。

りおん(C)AbemaTV

りおん(C)AbemaTV

そんな中、りおんにも動きが。彼女も人気メンのとおるにアプローチしきれず、中間告白では涙をのんでいました。そしてこの日、りおんが作業に誘った相手はコア。とおるへの気持ちにけじめがついたものの、新たなステップに進む踏ん切りがつかないと相談します。

コア(C)AbemaTV

コア(C)AbemaTV

「りおんは不器用じゃないから。時間はかかると思うけど、(気になる人と)喋ったり、いろいろした方がいい」と真摯にアドバイスするコアに対し、りおんは「……喋ってる」と一言。何のことかわからず「話してる? 話しかけてる?」と問うコアに、りおんは「(今)話しかけた! だから来た」ときっぱり返します。この言葉でコアは、りおんの指す人物が自分だと察し、思わず照れて顔を伏せてしまうのでした。
積極的に頑張る女子&ちょっと鈍感男子……こちらも胸キュンポイント高めのシーンでした。

―「積極的にいくって……」とおるが見せた男気―

衝撃の事実を告げるとおる(C)AbemaTV

衝撃の事実を告げるとおる(C)AbemaTV

中間告白が成功したとおるとナナは2人で作業。しかし、とおるは大学やテニスの試合のためにアメリカへ帰らなければならないとナナに告げます。しばらく会えないと知りナナは、自分が出演する『TGC しずおか(『SDGs 推進 TGC しずおか 2020 by TOKYO GIRLS COLLECTION』)』を見に来てほしいと伝えるも「まあそれはワガママだよね」と不安そう。

ナナ(C)AbemaTV

ナナ(C)AbemaTV

一変して重たい空気に包まれる2人でしたが、とおるはおもむろにナナの手をとり、ぎゅっと握りしめます。恥ずかしそうに顔を伏せながら「ズルイですよ、突然は……」と言うナナに対し、とおるは「ガツガツいくって言ったじゃん?」と、積極的な姿勢で心意気を示すのでした。

ナナの手をぎゅっと握りしめるとおる(C)AbemaTV

ナナの手をぎゅっと握りしめるとおる(C)AbemaTV

【#7:消えても消せない想い】

アトリエリーダーのあずさ(C)AbemaTV

アトリエリーダーのあずさ(C)AbemaTV

アトリエでリーダーを務め、ここまで11人の作業を引っ張ってきたのがあずさ。しかし、その重責ゆえどうしても特定の男子にアプローチする時間が足りず、とおるに気持ちを伝えた中間告白でも思いは実りませんでした。

―報われてほしい! あずさの恋が終わりを告げる?―

ランウェイ上のナナにカメラを向けるとおる(C)AbemaTV

ランウェイ上のナナにカメラを向けるとおる(C)AbemaTV

出番を終えたナナと対面したとおる(右)(C)AbemaTV

出番を終えたナナと対面したとおる(右)(C)AbemaTV

あずさは『TGCしずおか』に出演するナナを、とおると一緒に見に行くことになります。しばらく会えなくなるランウェイ上のナナを、記憶に焼き付けるように目で追い声援を送るとおる。そして、あずさは少し離れたところでその様子を見ていました。

あずさ(C)AbemaTV

あずさ(C)AbemaTV

帰り道。とおると2人きりのあずさは、意を決し「とおるくんは中間告白のとき、ナナちゃんだったじゃん? 応援したい気持ちもあるけど、正直まだ諦められてないところもあって……」と胸の内を吐露。とおるは「今、気になってるのはナナで、(彼女が)“オオカミちゃん”でも、俺は好きになった人に行こうと思ってる」と揺らがない思いを伝えました。

とおる(C)AbemaTV

とおる(C)AbemaTV

「なるほどね……。それを聞けてちょっとスッキリした。応援する」と精一杯の言葉を返し、涙をこらえとおるの背中を見送ったあずさ。言葉通りとおるを諦めるのか。リーダーとして皆を支えた分だけ報われてほしい、そう願わずにいられません……。

【#8:脱落の日 この街で 月に一番近い場所で】

※ネタバレあり

テニスデートをした(左から)ナナ、とおる(C)AbemaTV

テニスデートをした(左から)ナナ、とおる(C)AbemaTV

水族館デートを満喫した(左から)コア、りおん(C)AbemaTV

水族館デートを満喫した(左から)コア、りおん(C)AbemaTV

視聴者が「オオカミちゃん」だと思う1人を予想して投票し、もっとも疑われた人物は脱落するという「オオカミちゃん投票」。運命の脱落発表を前に、複数のメンバーが「太陽LINE」「月LINE」でデートし、意中の人に思いを伝えていきます。りおんは6話でアタックしたコアに水族館で誕生日プレゼントを渡し、すっかり攻めの姿勢。一方、ルークは思い続けてきたヒナへ気持ちを伝えますが、「気持ちに応えることはできない」と、思いは実らず。ヒナは、ルークに対し「いつも自分より皆のことを考えてくれる。だから、残りの時間は自分のために過ごして」と優しく語りかけました。

ヒナへの気持ちを伝えたルーク(C)AbemaTV

ヒナへの気持ちを伝えたルーク(C)AbemaTV

そして、花火の色で脱落者が判明する発表本番。女子メンバー1人ずつに“白い花火”が上がり、脱落者が絞られていきます。

ヒナ(C)AbemaTV

ヒナ(C)AbemaTV

あずさ(C)AbemaTV

あずさ(C)AbemaTV

前評判でオオカミちゃん投票上位が予想されたヒナとあずさにも白い花火が上がり、最後、脱落の赤い花火が打ち上げられたのは、ナナでした。メンバーが一様に泣き崩れナナと抱擁を交わす中、一人涙を見せず堪えるとおる。

脱落者となったナナ(C)AbemaTV

脱落者となったナナ(C)AbemaTV

ナナ&とおるはスカイツリー展望台へ(C)AbemaTV

ナナ&とおるはスカイツリー展望台へ(C)AbemaTV

ナナはとおると束の間2人きりの時間を許され、夜の遊園地で過ごした後、貸し切りの東京スカイツリー展望台へ。とおるが「みんな(復活を)待ってるから」と笑顔で語りかけ、「とおるくんにはこの後も楽しんでほしい。だからちょっと忘れていいよ」と返すナナ。すると、とおるはナナを抱き寄せ「待ってるね。帰ってこいよ」と囁き、ここで初めて溢れる涙をぬぐったのでした。

ナナを抱き寄せるとおる(C)AbemaTV

ナナを抱き寄せるとおる(C)AbemaTV

感動的なエンディングで幕、と思いきや! 残った10人の中にまだ本物のオオカミちゃんが紛れていることを示唆する予告。来月以降もまだまだ波乱含みの展開が待ち受ける予感……。

第8話より(C)AbemaTV

第8話より(C)AbemaTV

それでは皆さん、ガオガオ!

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS