高橋みなみの「マネしてほしい!テッパンおかず3選」 “そこそこ”料理で、がんばりすぎず美味しく生きる術

高橋みなみ

撮影:田中達晃(Pash) 取材・文:遠藤政樹
記事制作:オリコンNewS

6月3日に初のレシピ本『たかみなの毎日食べたくなる そこそこごはん』(光文社)を発売した高橋みなみさん。そこで今回は、美味しくて簡単に作れる、みんなにマネしてほしい「テッパンおかず」レシピをたかみなさんが紹介。さらに毎日楽しく料理を続けるための“たかみな流・そこそこ料理術”を伝授していただきました。

たかみな厳選! マネしてほしい「テッパンおかず」3選

高橋みなみ

――早速ですが、高橋さんが「これはマネしてほしい!」と思う「テッパンおかず」のレシピを3つ、イチオシポイントとともに教えてください。

「アスパラの豚巻き」…困ったらなんでも巻けばOK!!         

「アスパラの豚巻き」

◆材料(2人分)
豚ばら肉(スライス)…200g
アスパラ…6本
(A)しょうゆ…大さじ1、砂糖…大さじ1、みりん…大さじ1
塩、こしょう…各適量
サラダ油…小さじ1
酒…大さじ1/2

◆作り方

(1)アスパラは根本を切り落としてピーラーで根元側の皮をむき、半分に切る。(2)豚肉でアスパラを巻き、塩、こしょうをふる。
(3)熱したフライパンにサラダ油を入れ、(2)を中火でさっと炒める。
(4)酒を入れて蓋をし、約30秒蒸し焼きにする。
(5)(A)をかけ、肉にからませながら煮詰める。

まずは「アスパラの豚巻き」です。実は、もともとアスパラはそれほど好きではありませんでした。料理をするようになってからいろいろ食べられるようになったのですが、そもそもが肉食で野菜があまり好きじゃなくて……。

でも色合いを考えると野菜は必要だなと考えていたら、アスパラの豚巻きは緑と茶色で見た目が綺麗だなと! 味付けを甘辛くしたら野菜が苦手でも食べられることが発覚し、「これは抜群!」と思って、我が家の食卓に良く出すようになりました。今ではアスパラも好きになりました。

――まさか苦手だった食材を使った料理が1品目とはおどろきました。

肉巻きシリーズは、レシピ本にもシリーズで載せているぐらいよく作ります。冷蔵庫にある野菜は何でも豚ばら肉で巻いたら美味しいので「困ったらなんでも巻けばOK!」という発想です(笑)。

基本的には近所のスーパーで売っているものだったり、普段から家にある調味料を使ってできないと嫌なんです。例えばカルダモン(スパイスの一種)が必要となると、「我が家にはない!」と困ることも。なるべく家にある調味料で作りたいという想いが一番にあります。

高橋みなみ

――家にある材料で簡単かつ美味しいものを作るというのは、とてもいいですね。ではアスパラの豚巻きの一番のおすすめポイントは何でしょうか。

男女問わず好きな味だと思います。さらに野菜をお肉で巻くという工夫が、普段料理をする人からしたら当たり前でも、しない相手なら「おおっ!」ってなると思います。実際は野菜を肉でくるくるしているだけなのであまり手間がかかっていないのですが、一見すると手が込んでいるように見えるのもポイントです。

高橋みなみ

――たしかに一手間かけて作ってくれたという印象は受けますし、食べる側としてはうれしく感じますね。では2品目をお願いします。

「無限シリーズ」の「無限アボカド」と「無限じゃがバター」です。

「無限アボカド」&「無限じゃがバター」         

「無限アボカド」&「無限じゃがバター」

◆材料(2人分/無限アボカド)
アボカド…1個
ツナ缶…1缶(70g)
顆粒鶏がらスープの素…小さじ1/2
ごま油…大さじ1/2
刻みのり…少々

◆作り方
(1)ボウルに、ひと口大に切ったアボカドと、汁けを切ったツナを入れる。
(2)鶏がらスープの素、ごま油を加えて、(1)とあえる。
(3)刻みのりをのせる。

 

◆材料(2人分/無限じゃがバター)
じゃがいも…3個
バター…20g
ツナ缶…1缶(70g)
めんつゆ(3倍濃縮)…20ml

◆作り方
(1)じゃがいもは皮をむいてひと口大に切る。耐熱皿に入れて、ラップをして電子レンジ(600W)で7分加熱する。
(2)バターを加えて、溶けるまで混ぜる。
(3)汁けを切ったツナとめんつゆを加え、味がなじむまで混ぜる。

――「無限シリーズ」というと、簡単に作れて、無限に食べられそうな野菜料理のことですね。ピーマンやキャベツが定番かと思いますが、アボカドはどんな点がおすすめなのでしょうか。

女性はアボカドが好きな方が多い印象ですが、もしかしたら男性は食べる機会が少ないかもしれません。味付けにツナを入れているので食べやすいと思います。和風で素朴な味わいのメニューなので、小鉢にあったら喜ばれるかなと思います。

――ツナに鶏ガラスープの素、ごま油も入っていて、白ご飯との相性も良さそうに感じます。

はい、ご飯に合うので、おかずになります!

高橋みなみ

――では続いて「無限じゃがバター」をお願いします。

じゃがいもとバターを合わせるのは美味しいに決まっています(笑)。 気になって作ってみたら、とてもおいしかったのが無限じゃがバターですね。

――気になる組み合わせを思いついたら積極的に試されるのでしょうか。

「実験」に近いイメージかもしれません。肉じゃがとバターを合わせても良さそうでしたが、手間がかかってしまうし大変。でも、無限じゃがバターなら、(電子レンジで)チンするだけでできるので、時短にもなると考えました。無限アボカド以上に、ご飯のおかずになっちゃうのもうれしいですね。私がお米好きなので、「お米に合うかどうか」が重要な発想のベースになっています。

――そういったメニューを考える際によく使う調味料は何ですか?

やっぱりしょうゆは何でも使えます。その次に出てくるのはポン酢とめんつゆ。“あの人たち”は本当にすごいです(笑)。あとはバターかな。醤油バター、めんつゆバター、ポン酢バター、どれも本当に美味しいし、さらにマヨネーズをかけるとまた美味しい。料理をしたことがなかったときは一つ一つ覚えるのも大変だったし、料理の過程でもわからないことが多かったのですが、少しずつできるようになっていくと料理は「これにはこれが合う」といった“計算”なんだということがわかりました。それにしてもしょうゆ、めんつゆ、ポン酢は最強ですね。

高橋みなみ

――積み重ねが料理の幅を広げていくものなのですね。続いて3品目を教えてください。

「肉じゃがオムレツ」なのですが、正直「いいのかな?」と思いながら提案しちゃいました(笑)。肉じゃがを卵で包んでいるだけと簡単なのに、本当に美味しいです。

「肉じゃがオムレツ」… “何でも卵で包む”実家の影響         

「肉じゃがオムレツ」

◆材料(2人分)
基本の肉じゃが(※レシピ本を参照)…2人分
卵…4個
マヨネーズ…少々
顆粒和風だしの素…小さじ1
サラダ油…小さじ1

◆作り方
(1)ボウルに卵を割りほぐし、マヨネーズ、だしの素を加えて混ぜる。
(2)熱したフライパンにサラダ油を入れ、(1)を流し入れる。
(3)卵液がお好みの固さになってきたら、汁けを切って軽くつぶした肉じゃがをのせて包む。

――今回の料理のなかでもっとも驚きました。そもそも作ろうと思ったきっかけは?

実は実家が何でもオムレツにする家庭で、例えばそぼろオムレツや、塩野菜炒めを卵で包んでしょうゆをかけて食べたりしていました。なので、何でも卵に包めばいいと思っている節はあるかもしれないです(笑)。

高橋みなみ

――味は肉じゃが……ということで合っていますか? それとも卵にも何か味付けをしているのでしょうか。

卵はほぼ味付け無しです(笑)。レシピ本には載せてはいないのですが、マヨネーズをかけても美味しいですよ!

――たしかにじゃがいもとマヨネーズの相性は良いのでおいしそうですね。それにしてもよその家庭の料理は本当に興味深いです。

その家庭特有の、一般的ではないメニューがあって面白いですよね。だから料理をするとき、その味を思い出すのもいいなと思っています。

「生姜焼き」にも、外食とは違う「家の味」の幸福感がある

高橋みなみ

――高橋さんは、20歳のときに「将来必要になる」と考えて料理を始めてから、大の料理好きとなったそうですね。どうして料理を始めようと思われたのでしょうか?

もともとは17歳ごろ、当時AKB48として活動している真っ只中に一人暮らしを始めて、実家のときは「帰ればご飯が用意されている」という環境に甘えていたことに気づきました。現場で頂いたお弁当を食べることが多かったのですが、いわゆる“育ち盛り”だったのかそれだけでは栄養が偏ってしまって……少し体調を崩してしまった時期もあったんです。

そんなとき、おうちのご飯って偉大なんだなと感じ、そこからちょこちょこと料理をするようになりました。毎日は無理でしたけど週に2回ぐらい自分の好きな物を作って食べることから始め、料理をすることが気分転換にもなったりもして……積み重ねがあって、料理が好きになっていきました。

高橋みなみ

――ご自身の体調面を考えて自炊をするようになったのですね。

最初はそうでしたが、料理が上手にできるようになってくると欲が出てきて、「もっとこういうものを作りたい」という想いも湧いてきました。さらに卒業して、仕事のリズムもだんだんわかるようになり、時間の使い方にも余裕が出てきて……料理をする時間も増えどんどん好きになっていった感じです。

――自分で作って食べる過程で「ご飯って大事」と感じるポイントは何でしょうか?

家の味って落ち着くんですよ。外食にはない味というか安心感があります。自分が作ると自分の味ではあるけど、親から受け継いでいる味でもあるから、そこには外食では補えないような“幸福感”があるなと思います。

例えば外食でも生姜焼き定食はありますが、不思議と自分で作った生姜焼きは何か美味しいと感じます。お店に比べれば高級感や上品さはないかもしれないけど、「この感じ、美味しい!」みたいな衝動に駆られるときがあるので、外食とは違った“幸福感”が一番です。

高橋みなみ

――「家の味」ということですが、高橋家の自慢の逸品は?

一番は、王道ですけどハンバーグですね。あまり手の込んだものは作らない方なのですが、ハンバーグは自分のなかでは結構凝っている方。事前に玉ねぎを炒めて水を入れ、ふっくらさせるように仕込んだりするぐらい、ハンバーグには凝っています。

あと、簡単なもので言うと、鶏肉にタルタルソースをかけた「チキン南蛮」は旦那さんが好きです。タルタルもピクルスは入れなかったり作り方は簡単にしていますが、好評です。

高橋みなみ

――今回のレシピ本のタイトルは「そこそこごはん」ですが、高橋さんのどのような想いが込められているのでしょうか?

「そこそこ」と聞くと、ちょっとネガティブなイメージを持たれる方もいるのかと思ったのですが、料理は毎日のことだから、一生懸命に全部全力投球で時間かけて……とやっていくと正直疲れてしまうなということを、自分自身もコロナ禍で痛烈に感じました。

我が家は共働きをしていて、以前は自宅での料理は週4ほどだったのですが、それが毎日となると、辛いなと感じるときも出てきて。それならもう少し力を抜き、例えば2~3個ぐらい食材を切って炒めて和えてといった「そこそこの工程数」で美味しいご飯ができたら、それが一番いいのではという気付きがありました。そういった想いも込めた「そこそこ」ですね。

高橋みなみ

――そんなポジティブな考え方を投影されていたのですね。コロナが一つの要因とのことですが、気づきを得たタイミングなどを詳しく聞かせてください。

きっと世のお料理している皆さんも同じ状況だったと思いますが、コロナの影響は大きかったです。お料理するのは好きで、むしろストレス発散の一面もありましたが、コロナ禍で料理に妙な“義務感”のようなものを感じるようになってきてしまいました。外食という選択肢がなくなり、お家でご飯を食べるのが当たり前になると、旦那さんがお料理を一切作らない人なので「私が作るしかない!」という想いが強くなりすぎたみたいで。小鉢とか多めにおかずを作るのが好きなタイプなのですが、さすがに毎日は無理でしょう……と考えるようになってしまいました(苦笑)。

そんな時、より時短で自分の時間も持てるように、簡単に美味しいものを作りたいと考えるようになりました。それからは良い意味で「そこそこの工程数」でできるものを作っています。

高橋みなみ

――そんな高橋さんの食に対するポリシーや好みなどを教えてください。

こだわりは「映えより美味しさ」ですね。そこがやっぱり大事かなって思います。自分もインスタのストーリーにご飯をアップすることもありますが、ほかの人たちを見ていると飾り付けがすごくて……とても素敵だなと思いますが、個人的には自分が「食べたい!」という思いに駆られる料理が好きですね。

15歳年上の夫も「-7キロ!」 鶏肉と野菜たっぷりの工夫

高橋みなみ

――実際に料理する際には、ほかにどんなことを大切にしていますか?

「彩り」は大事にしています。栄養士の資格があるわけではないのですが、どう食事のバランスを取ろうかと考えた際、料理を作る前にまずお盆の上にお皿を置くことから始めました。お皿の色合いを決めて、「ここに小鉢を入れてみよう」とやっていると、全部が茶色にならなくてすみます。

イメージとしては、ちょっと絵を描くことに近いのかも。「茶色だけだと寂しいから目玉焼きで黄色を入れよう」「緑がないから和え物でも作ろうか」など、色彩を意識しながら作っていくと案外献立のバランスが良くなってきます。

高橋みなみ

――それは、一人暮らしのころから変わらない習慣なのでしょうか?

旦那さんとお付き合いを始めてからは特に気にするようになりました。栄養面は気をつけてあげたいですし、私はガッツリしたご飯が好きなのですが、旦那さんは15歳上で今年45歳ということもあるのでバランスは気にしています。

――夫婦で世代が異なると、食事面はお互いに気づかいが大切になってきそうですね。

より長生きしてほしいと言ったら変ですけど(笑)。やっぱりそれはすごく感じます。塩分量も、摂っても大丈夫な量は自分と旦那さんの年齢では違いますし。もちろん感覚が合うから一緒に過ごしていますが、年齢差や体力差はあるので、なるべくお互いの真ん中を取るように心がけています。

高橋みなみ

――となると、結婚されてからは料理の内容も変わったのでしょうか?

今は旦那さんがダイエット期なのもあって、気をつけています。私は「白米大好き」なので白米に合う料理を食べたいのですが、旦那さんがダイエットしたいということで、鶏肉をメインとした料理や、野菜を多めにしています。作る方からするとちょっと大変なんですが、一緒に楽しんでやるようにしていて。その甲斐あってか健康的にマイナス7キロまでいきました!

――それはすごい! どのくらいの期間で達成されたのでしょうか。

今年に入ってから始めました。コロナで延期したのですが、もともとは結婚式の予定もあり、ちょっと痩せたいという欲が出てきたみたいで、「それなら協力します!」という感じです(笑)。

たかみな流は“土日に一週間分の献立を決める”

高橋みなみ

――旦那さんのダイエットも成功に導くなど、料理レパートリーの多さが目を引きますが、毎日の献立はどのように考えていますか。

毎回その日その日で考えると辛くなってしまうので、私は土日の寝る前に1週間の献立を考えています。スマホのメモ機能を使い、月曜日は鶏肉メインの味噌炒め、じゃあ月曜日はお肉だったから火曜はお魚にしようとか、メインを1回全部1週間分並べて、そこに小鉢をパズルみたいにはめ込んでいます。献立が決まっていると本当に楽です。

――時間がある日に作り置きをしているのを想像しましたが、1週間分のメニューを考えているというのは驚きました。

その瞬間に食べたいものを作りたいので、作り置きはあまりしていません。なるべく被らないように献立を決めて作っています。たまに煮込みたくなる場合もありますし、十分に時間がある時は「凝った料理を作ろう」と思うこともあります。でも毎日1~2時間、鍋の前で待てるかといったら待てなくて……それならどんどん小鉢料理でそろえていく方が、私はストレスがありません。そのためのレシピ本です。

高橋みなみ

――時短技を含め、いろいろ工夫しながら料理をされている印象ですが、仕事をしながらというのはやはり大変ではないのでしょうか?

料理は自分にとって息抜きにもなっています。17歳ぐらいに少しずつ始めた時から、包丁でトントン切っている時間や何かを炒めている時間は“無”になれるんです。気づかいしがちのいわゆる“気にしい”なので、生活している中でいろんな考えごとが出てきてくるのですが、料理をしている時は料理しか見ていない。だから料理している瞬間は自分にとって、考えが整頓される時間にもなっているのだと思います。

高橋みなみ

――なるほど。そういった大事な時間にもなっているのですね。では、高橋さんご自身もそうですが、毎日がんばりすぎずに料理を続けていくコツは何でしょう?

世の主婦の皆さんに比べたら、私なんてまだまだ新米です。もっと前から毎日作っている方が大勢いらっしゃって、なによりもすごいなと尊敬します。自分が毎日作るようになり、その大変さを実感しました。そこそこの工程数で美味しいものが作れたら、余った時間が自分の時間になるし、さらに夫婦関係もうまくいって楽しいんじゃないかなと思います。

本当に楽できるレシピというか、料理が楽しくなるレシピを自分なりに詰め込んだつもりなので、何かちょっと「きついな……」と感じながら料理を作っている方々に、少しでも楽な気持ちになってほしいという想いからこの本を作りました。先輩方にどんな評価をしていただけるかわかりませんが、「こんな楽できるのね!」みたいな一冊になればいいなと思っています。

高橋みなみ

――最後に、高橋さんにとって「料理とは」?

明日の活力ですね。ご飯を食べるのが好きで、特に AKB48時代はその日思い浮かんだものを食べないと次の日頑張れないぐらいでした。それぐらいエネルギーを欲していたし、食べたいものを食べたいと思っていました。ご飯は次の日の活力にするために食べるものだからこそ、やっぱり美味しいものがいいですね!

書籍情報

高橋みなみ

『たかみなの毎日食べたくなる そこそこごはん』

著者:高橋みなみ
発売:光文社
発売日:2021年6月3日
定価:1,430円(税込)

プロフィール

高橋みなみ

高橋みなみ

1991年4月8日東京都生まれ。2005年、AKB48の第1期メンバーとして活動開始。2012年、AKB48グループ初代総監督に就任。2016年、AKB48を卒業。2019年(令和元年)5月1日に結婚し、現在は、テレビやラジオ番組に出演し、幅広く活動している。

【Twitterで応募】高橋みなみ サイン入りチェキを1名様にプレゼント

高橋みなみ

 

インタビュー記事公開を記念して、Fanthology!のTwitter公式アカウントのフォロー&RTでプレゼントが当たるキャンペーンを開催します。

【応募方法】

Fanthology!(ファンソロジー)のTwitter公式アカウントをフォローする
②プレゼント応募のツイートをRTする

【締め切り】

2021年6月10日(木)23:59 ※応募受付は終了しました

【当選発表】

当選者発表日/6月17日(木)予定
当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、編集部からTwitterのダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。
発表日までにFanthology!のTwitterアカウントのフォローを外されていると、ダイレクトメッセージが送れませんのでご注意ください。
なお、2021年6月24日(木)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。

賞品の発送について/2021年7月中旬以降を予定しております。新型コロナウイルスによる影響で、さらに発送が遅れる可能性がありますので、あらかじめご了承のうえご応募くださいませ。

【注意事項】

・複数回応募されても当選確率は上がりません。
・応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
・応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
・選出方法や当選についての個別のお問い合わせは受け付けていません。
・賞品発送先は日本国内のみです。
・賞品のデザイン・仕様は、若干異なる場合があります。
・賞品を指定することはできません。
・賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
・本キャンペーンはLINE株式会社が実施しております。
・ご入力いただいた個人情報は、賞品発送及び賞品発送に関わるご連絡のためにのみ利用いたします。
・その他の取扱いはプライバシーポリシーに従います。ご同意のうえ送信ください。

 

PICK UP

 

この記事について
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
ORICON NEWS